2013年09月27日

健康診断

個人事業主になって、一番大切なのは「健康」であることは自覚している。

今朝、3〜4年ぶりに新潟市の国民健康検診へ出かけた。
自覚しているわりには、自分に手厚い行動をしないあたり。
だいたい、体のどこかが不調であっても、そのうち治るだろうというタイプ。
仮に検査で、「〜の疑いあり」と診断されても、大して気にしないのかも。
こういうところ、男は大雑把である。

だけど意識すべきは、守るべきは守ること。
「今、俺が倒れたらヤバイな…」、そんな使命感でしかないと思う。
もし、病を宣告されても、泣きじゃくるわけにいかないし、だからと言って、不安にさいなまれるだけでは情けない気もする。
そのあたり、あっけらかんとしているのが、男だったりするんだ。

それこそ余命何ヶ月であっても、「先にあっちで待ってるからよ…」ぐらいが、実際の心境かも知れない。
ただ、守るべき人がいるから、「今は絶対に逝けないぞ」という気力がわくんであってさ。
健康診断は自分の安心よりも、守るべき人に安心を与えたい動機のほうが勝るんだと思う。
家族の診断結果が来たら、自分の結果よりも先に、子どもの結果を知りたくなる気持と同じであろう。
自分自身の健康については、神経が図太いぐらいがちょうどいいとかと思っている。

30時間ほど断食して検査したから、さすがに空腹が堪えてきた… わしゃ、イスラム教じゃねえ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする