2013年09月10日

7年後…

東京五輪が決まった瞬間、誰もが「勝負は下駄を履くまでわからない」と思ったに違いないだろう。

決まるまで、日本人特有の精神論で浮かれている気もした。
逆に反対意見を述べる人は、常に反対材料を探すことに終始しているようにも思えた。
一度は時流に乗ってみるとか、視点を変えてみるとか、やり方はあるであろう。
「できるためにはどうするか…」、そんな思考回路もないと、不健康になるからね。

長い間、日本がひとつになることはあるようでなかった。
沖縄問題は対岸の火事だし、震災がれきの焼却先ひとつでも、新潟は直前で受け入れを拒んだ。
そうなると「スポーツ」という分野でしか、心はひとつになれないのかな。

仮説を立てれば、何ごとにも反対の立場を崩さない人ほど、「年越しできない不安」にかられたことが  ない人たちじゃないだろうか。
頑なに景気回復ばかり叫んでもダメだし、方や自分の倫理観だけで唱えられたら偽善的だ。
ここらでひとつ、東京五輪の開催決定に端を発し、「やるなら気持ちよくやろう」と姿勢を示すべきだろう。
将来に危機感があるから、「何かやろう」という日本の気概だと、どうして思えないのかな…

個人事業主の私見であって、それについて「ディベート」する気はないけどさ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする