2013年09月05日

親父の拳骨

柔道の名門、天理大学柔道部で、上級生による下級生への暴行が発覚し顧問が辞任するという。

暴行の理由は、下級生の練習態度が悪かったというが、やったことは肯定できない。
本当のところはわからないが、上級生の生真面目さや、責任感も背景にあるのかな。

道場は技術を教える場でありながら、人格的な教育をする場でもある。
ただ強くなるためなら、技術だけを教えておけばいいが、家族のような結びつきは成せない。
技術だけでは、人間凶器を社会に放つようなものだから、人格的な教育も必要になるわけだ。

暴力を振るったから、人間性まで否定されたらやりきれない。
仮定の話だが、その態度が著しく悪く、扱いにくさからくる戸惑いや悩みもあるかも知れない。
まして、自分たちが汗水たらしてやってきたことならば、おちゃらけた態度に裏切られた気持ちにもなり爆発したとしても不思議ではない。
もちろん、理性的に指導しなきゃならぬが、本能的に手が出てしまったことに、本当は何が起きていたかわかることもあるわけで、そんな単純なことじゃないんだ。
暴力は肯定できないが、ある一定の理解を示すことも大切な気もする。

例えば、道場の練習開始時間が、夕方の4時からだとする。
怠慢な遅刻を繰り返す者には、それなりの信賞必罰は課せられるべきだろう。
まず、4時開始と言ったら4時であり、4時半でも5時でもない。
遅刻の検証だのこねくり回して、痛くない腹を割り出しては、わがままを正当化させているようなもんだ。
挙句に「人生とは…」なんて、さわやかに語られたりしてたら、余計に過保護にするだけだ。
4時と言ったら全員4時だから、一丸となれるのであり、それこそ集団行動あっての個性だったりする。
まどろっこしいことに、いちいち時間を費やさなかったと思う。

昔は、それなりにニラミが効いた、怖い顧問や上級生はいたはずだ。
「先輩が怒ると怖いぞ」とわかっているから、自分自身を律するとか、ひな型にはめられたからこそ、  統率がとれた部分もあるし、一定の効力はあったと思える。
近年、そういう風潮は批判されるが、批判が行き過ぎれば、怒らないことが不自然になったりする。
その代わり、強くなるための技術論だけになり、結びつきはどうでもいい関係になる。

今回の暴行不祥事。
ストレスを発散するかのように、目的もなく弱い者をいたぶるような残酷さはあったのか。
それとも、家族のような結びつきを目指したからこそだったのか、そこは知りたいところである。
暴力は肯定しないし、本当のところはわからないけど、もし愛情があってのことだったのであれば、   一定の理解の中で不祥事を考えなきゃならないと思う。

親父の拳骨と同じである。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

酒場の仁義

ここ数年、「たばこ」をたしなむ人は少なくなった。

僕自身、喫煙歴25年ほどの末、キッパリやめてからすでに6年経つ。
だから、たしなむ人の気持は理解できるし、言い知れない肩身の狭さもわかる。
だけど「これはイヤだな…」と思うことが、「歩きたばこ」と「たばこの投げ捨て」
それと、「たばこを買いに行かせる人」も好かない。

去年、店でこんなことがあった。
お客さんから、「たばこある…」と聞かれた。
用意してないことを告げると、当たり前のように五百円玉を置いて「買ってきて」と言いつけられた。
店の状況どうあれ、店が買いに行くことがサービスだと思っているわけだ。
たばこだから言えるんで、「ガム買ってきて」とは言えないでしょ。
嗜好品は自分で用意しておくべきで、買いに行かせるメンタティーが理解できない。
「店を外せませんので…」と断りつつ、自販機の場所とタスポカードを渡した。

酒場の仁義ではない。
それまで好意でやっていたことまで、「言えばやる」と思い込みを持ちはじめた。
こういう人は、身近な女性を女中扱いしてたり、店員を召使い扱いしてるんだろうな。
何でも人にやらせようとする、はしたない風潮はイヤだな。

「おたがいさま精神」のあるお客さんは、どこの店でも「良い客」で歓迎されているものだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

個室に耳あり

日曜の夜、妻と個室風の居酒屋で過ごしていた。

一つの部屋を可動式の間仕切りで分割して、二つの部屋としている個室タイプ。
注文は呼出ボタンか、テーブルのタブレットからで、扉はすりガラスに人のシルエットが見える程度。

個室は他の客に気を遣わなくていいのだが、雰囲気が閉塞的で息苦しくなるときがある。
それを強く感じたのが、隣合せの個室にカップルと思しき客が入ったとき。
薄い間仕切りを隔てて、声だけ筒抜けに響いてくるのだが、その容姿は見とれない。
姿が見えないのに、ハッキリと聞き取れる言葉だけがこだますると、逆におちつかないものだ。
大まかに客の設定がわかり、ほどほどに顔が見える席で過ごすほうが自然であると思えた。
個室の居心地は悪くはないんだけど、途中から「コインロッカー」の中で飲んでいる気がしてさ… (笑)

二人で飲むぶんには、周囲を見渡せるカウンターのほうがおちつくかな。
店主に聞かれちゃいけない会話なんてしないし、「壁の耳」(他の客)に自意識なんて持たないしね。
他愛のない会話が適度に聞こえる店内、さわやかな会話を心がけ、妙な人見知りや無理な社交はせずありのままの姿で酔うのが一番いいね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

成人映画

古ぼけた旧家の様子を確認しに出かけた。

大まかに片付けた部屋の片隅には、まだ当時のLPレコードと映画のパンフレットだけ一部残してある。
陽のあたる場所で、パンフレットの表紙を指ではじきながら、あらためて「ませガキ」だったのがわかる。

「追憶」 「郵便配達は二度ベルを鳴らす」 「アイス・キャッスル」 「リトル・モー」 「ジョーイ」
「おもいでの夏」 「人間の証明」 「復活の日」 「クレイマー・クレイマー」 「プライベート・レッスン」…
これ全て、高校一年生までに見た映画だったはず。

ダスティ・ホフマン主演 「クレイマー・クレイマー」なんて、離婚と親権をめぐった男女の調停物語だし、
「郵便配達は二度ベルを鳴らす」なんて、内容すら覚えちゃいない。
シルビア・クリステル(エマニエル夫人)主演 「プライベート・レッスン」は、見た覚えもないのに、    どういうわけかパンフレットだけがある。
思春期の僕はそれを見ながら、何を考えていたのだろうか、頭の中で青春がかけめぐる。
大人でしか理解できない映画ばかり、背伸びをして見ていた気がする。
「スターウォーズ」 「スーパーマン」 「ガンダム」シリーズは、今だ一度も見たことないんだ。

初めてのデートで見た映画は、ナスターシャ・キンスキー主演の文芸作品 「テス」
難しすぎて内容はおろか、3時間近くの長編に後悔したし、次の誘いに応じられることはなかった。
この映画がきっかけで、「今の好奇心に素直になろう」と、若者らしく青春映画に戻った。

だが、戻り目覚めたのは「日活ロマンポルノ」で、精一杯大人のフリをして窓口を通過していたのは、   以前書いたとおりである…  あぁ、夏麗子、高原リカ
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

セカンドロマンス

この夏、同窓会で数十年ぶりに顔を合わせた人たちが多かったようだ。

男は好きだった、女に会いたくなるのは定番心理。
元恋人であれば、好奇心もなおさらのことだろう。

僕は同窓会に限らず、別れた女と再会したことはない。
もし会ったとしても、その場は大人の対応をするだろうし、意図して会う気にはならない。
終わりにしたのなら、終わりだと思っている。

それに美魔女ブームやらで期待していたら、「なんじゃ、こりゃー!」ではイヤだしね。
もし会うことになろうと、外見に淡い期待は抱かず、年相応な内面に興味が向くもの。
外見はごまかせても、内面は経験からにじみ出てくるから、そう簡単にはごまかせない。

懐かしさは楽しいと思うけど、一般的に折り重なった相手と会うのは気恥ずかしいもの。
記憶は記憶だけに、とどめていたほうがいいこともある。
別れた女の足取りを追いたくても、追わないのが高楊枝だったりするでしょ。

昔の彼女が、「結婚して幸せな家庭を築いている」噂なら嬉しいだろう。
しかし、「彼女が苦労しているらしい」という噂を耳にしたときだよね…
聞いても何もしてあげられないし、あの頃の気持ちが再燃するのは偽善のような気もする。
興味本位で知って傷つくこともあれば、知らなかったことで安らげていることもある。

僕は過去の恋愛相手と、「セカンドロマンス」を期待したことない。
男はいくつになっても女に興味を持つべきだが、その咲かせ方にそれまでが出ると思う。

昔の想いが再燃して、お盛んになるのはいいけど、内面が一致してないと浮いた男女に見えるからね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする