2013年07月15日

On BASS

ベースは性質上、音を聴きとりにくいためか、楽器としての注目度は低い。
しかし、ベースが重要な役割をしていることは、あまり知られていない。

最初の興味は 「ウッド・ベース」 ではなく 「エレクトリック・ベース」 だった。
ロックファンなら誰もが知る、79年 ロッド・スチュアート 名曲 「アイム・セクシー」
ベースが弾き出す、三連符の頭にアクセントをつけた、ノリのいいラインに惹かれた。

「チョッパー奏法」 が確立されてからは、がぜん興味がわいた。
「アンソニー・ジャクソン」 「エイブラハム・ラボリエル」 「マーカス・ミラー」 「ビクター・ベイリー」
チョッパーはしなかったが 「ジャコ・パストリアス」 とかも。
スタジオミュージシャンが、表舞台に出てきたのは、その頃だったんじゃないかな。

最後はウッドベースにおちついたが、好きなベーシストのひとりが 「デイヴ・ホランド」
地べたを這うような、図太いビートで、強烈なアタックが好きでね。
ノッてくると右足で 「ドン」 と地をふんで、アクセントをつける、ステージパフォーマンスにもしびれた。
他にも 「エディ・ゴメス」 「ジョン・パティトゥッチ」 「チャーネット・モフェット」 「ニールス・ペデルセン」

ひとりに特定できないのが、ベースという楽器なんだ。
「リズム」と「メロディー」、両方からアプローチできるから、絞り込みも難しい。
そうなると 「スコット・ラフェロ」 も外せないし、難しい楽器なんだよ、ベースは !

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする