2013年07月08日

本屋めぐり

二度寝で目覚めたのは、日曜午後1時40分…

空模様を見計らいながら、自転車で用事を済ませることにした。
今夜は出かける予定がないので、晩酌のつまみを買いに行くこと数店。
夜中に読書もしたくなるので、何か一冊の本を探しに行くこと数店。

買う本を決めていることはなく、ほとんど直感で手に取る。
論ではなく事実によって語られる分野はドキュメンタリー。
虚飾のない情報公開、人の生き様をとらえた手記も好きだ。

本は偶然の出合いでしか過ぎず、売れている本で惑わされない。
書店の片隅で返品が時間の問題であろう本、中古本や見切り品の中にあった掘出本だったりする。
ネットや電子書籍には全く興味がないので、書店以外で購入することはない。
何も買わずに背表紙を眺めているだけでも、結構時間を楽しめたりするんだ。
その効果は名も知らぬ筆者に共感したり、納得させられたり、時の感性が動くこともある。

ひと休みしようとたまたま入った、喫茶店のBGMがよかった経験は誰でもあると思う。
本も似たようなもんで、莫大な冊数の中から、偶然の一冊を手にしているようなもの。
読むことはしんどいと言えばしんどいけど、違う世界を知るためには必要な時間となる。
ただ僕の場合、マイナス頭脳を「0」に近づけてるだけで、プラス頭脳にはなってないんだ (笑)

まあ、休日に遠出する義務はないし、文庫本一冊で過ごせる余裕こそ、大人の休日だったりする。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする