2013年05月17日

稀勢の里 喝!

大関 稀勢の里に最後通告ダー!
今場所、幕内優勝できなかったら、稀勢の里を応援することはやめる。

物事には見切りも必要である。
小さな期待の積み重ねである集大成は今だ!
今場所、5日間の相撲内容を見る限り、調子は悪くない。
大関でいつまでも優勝できないのなら、僕は次なる世代を応援することに決めた。

横綱昇進を期待したことはないが、せめて一度は優勝してほしいことは切に書いてきた。
だけど、人の気持はいつまでも、同じところには留まっていない。
毎場所、あの力と経験がありながら、下位の力士相手にあっけなく星を取りこぼし、上位陣に対しては   強いのか弱いのか、さっぱりわからない相撲である。
こんな得体が知れず、安定感に欠ける大関をいつまでも応援はできない。

過去、「若の里(兄弟子)のようにはなりたくない」との発言をマスコミに取られた。
真相はどうあれ、誤解をされるような発言はあったのだろう。
幕内で現役「若の里」が36歳で頑張っているのに、26歳の「稀勢の里」は優勝戦線にも名を列ねない。
では聞くが、兄弟子のようにはなりたくないと言いながら、どうなりたいのだ?
言っていることに、軸足がないではないか。
優勝しないことには、その言葉にも説得力はない。
僕のタイムリミットは、今場所優勝であるからに、「愛のある勝手な最後通告」とさせてもらう。

本場所中、買出し時間を早めに切り上げ、自宅で稀勢の里を応援してるのだ…  情が深いだろ(笑)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする