2013年03月08日

がんばれ台湾

今日8日、WBC「日本」対「台湾」戦では、「台湾」を応援することに決めた。

3連覇のかかった「侍ジャパン」なのに、盛り上がりに欠けているのは、イチローやダルビッシュのスター選手不在に加えて、チームに迫力が欠けているような気もする。
前者は「華」がないことだが、後者は雑念意識というか、緊張状態から抜けきれていない様子だ。

数日前、楽天の田中投手が先発から中継ぎに降格との監督発言に対し、メジャーの上原投手が自身の    ツィッターで、「中継ぎを降格扱いとは侮辱だ」として、このタイミングで意見を書き殴ったと言う。
選手同士で言い合っている分はいいが、著名人である以上はマスコミに意見を取り上げられてしまう。
ただでさえ神経質になっているチーム状態に、確執めいた気持を抱かせてしまう場合もあるだろう。
言いたくなる気持ちほど、ここはいったん深呼吸して、当事者達に与える影響も考えるべきなんだ。

「侍」をイメージしているが、「伝家の宝刀」が似合う選手もいない。
その存在はベテランであってほしいのだが、何日か前の週刊誌の見出しで、ソープランドで豪遊して    いた選手が実名でスッパ抜かれていた。
それが本当だとしたら、「おいおい、どこで伝家の宝刀を抜いてるんだ…」である。

過去、日本は本場アメリカに「追いつけ、追い越せ」で野球をやっていた。
当然、アマチュアbPのキューバに対しても、その闘志を見せつけた。
その結果、WBC2連覇の輝かしい成績を収めた上、人気に陰りが見えていたプロ野球を復権させた。
ここまではいい。

今大会、当時の日本のスローガンで、果敢に挑んできたのが台湾だ。
韓国との直接対決には敗れたものの、一次ラウンドB組を1位で通過してきた。
台湾が1位で二次ラウンドに進出してくるのは、予想外の結果だったと思える。
ならば、ハングリーな台湾を応援する。

初戦、台湾は日本をキリキリ舞いにして、ガツンと目を覚まさせてほしいんだ。
WBCの覇者であれば、ピッチャーなら打者をねじ伏せて、バッターなら豪快な打球を放ち、圧倒的な   強さを見せてほしいわけだ。
選手たちの張り詰めた表情、小さくまとまっている様子を見ると、こっちの気まで重くなってしまう。
まだ、終わりじゃないけど、ここまでは不甲斐ないと思う。

今晩19時からの生中継は仕事で見れないが、気分は台湾の監督になったつもりで日本へ挑む。
「非国民」だろうが、「星一徹」だとなじられようが、そんなの構いやしない。
今晩の対戦だけは「炒めビーフン」を食べながら、不敵な笑みを浮かべて台湾を応援するのだ。

これこそ、伝統のちゃぶ台返しにも似た、日本への愛情である…    それ行けぇー 台湾!
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする