2012年12月30日

大晦日の午後

深夜まで仕事をしている身にとって、大晦日の午後は忙しない。

寿司を取りに出かけたり、こまごまとした用事を含めると当日の行動は巻上げになる。
店はどこも早じまいするので、そうゆっくりとはしていられない。
その上、一年の垢を落とす意味でも、銭湯でゆっくりとお湯に浸かりたいしね。

毎年、食卓に着けるのは9時台。
お決まりの言葉で一年の労をねぎらい、大晦日ぐらいは家族と食卓で過ごしたいもの。
紅白歌合戦が終わるころになると、ほろ酔いで近くの神社へ2年参りに行くのが通年。

天候にもよるが、その日は穏やかな夜空であってほしい…
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする