2012年12月16日

最後のお願い

夕方の万代は、各政党の「最後のお願い」とやらで、大勢の党員で賑わっていた。
さながら、選挙カーが広域な告知のできる空中戦ならば、街頭回りは部分的な地上戦であろうか。

投票には政党の主義主張もさることながら、候補者の「人となり」も大きく影響するもの。
だが、喉から手が出そうなのが組織票。
何かしらの組織に所属していれば内容どうあれ、多数派工作を征した方が当選することもあるだろう。
また、お互いにメリットがあれば、政策面や人柄に関係なく、票が集まるファジーさもあると思える。
考え方によっては、選挙戦は空海陸軍を効率的に駆使した、ドミナント戦略みたいなものだ。

いずれにせよ決着まで、あと数時間あまり。
喜びの声もあれば、悔しさの談話も聞けるであろう。
これら、国民の気持を代弁しているようなので、興味深く耳を傾けてしまう。

まいど、まいどの「最後のお願い」…  幸せ探しと言えば、収まりがつくかな。
でも、いつの時代、力を持つのは組織であって、個人は弱い存在にしかすぎないんだけどさ。

僕は今、机に無雑作に置いてある、投票所の入場券を横目に見ながら、かすかに興奮しているのじゃ… 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする