2012年12月09日

Jazz Talk Vol.16

会話と同じでジャズは聴けば聴くほど、体にしみてくる音楽だと思う。

アルバムの聴き方は一回通しで聴き流してから、二回目からはじっくりと耳を傾けてゆく。
一曲目は名刺代わりになるので注目曲となるが、その後は流れに乗るだけ。
ジャズはイントロ〜テーマだけで、好き嫌いを論じる傾向があるけど、それではもったいない。
その奥にある音のせめぎあいこそ、ジャズの魅力だからである。

僕は感覚的に、次々と押し寄せるメロディーやリズムを浴びるだけで、心地良い気分になれる。
ピアノのアドリブソロ、地をはうようなベースライン、キレのあるドラミング、音ギレ良くかけ抜けていく  サックスなど、心地良くなるパターンはいくらでもある。
原曲をキープしながら、ひとつとして同じ演奏がないのが、スリリングであったりもする。
その表現の多才さに感心しながら、聴けば聴くほどクセになったりするのがジャズである。

その感覚は会話と似ている。
アルバムでメンバーを入替えて、ワンテーマのフリートークみたいなもの。
声の大きさやテンポなど、会話にも小声や早口、聞きやすさがあるように、フィーリングとも言うべき   ところがあっているかどうかも大きい。
人それぞれ話し方に特徴があるように、声を楽器に置き換えて、選曲が話の内容とも言える。
言葉は違えど、ジャズは世界の共通言語なので、感覚的なコミュニケーションは図りやすい。

声は楽器、会話は演奏みたいなものだから、店名を「GIG」(フリーセッション)にしたんだ。

PS.
僕の好きな「ミシェル・カミロ」のアルバム「ワン・モア・ワンス」から、「ノット・イエット」
ホーンアンサンブルを従えた、とてもキャッチーなビッグバンドスタイルのラテンジャズ。
バネが利いたリズミックなドラム、リズムのタメなんてホントに聴き惚れちゃう… いい、バズトークだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする