2012年11月28日

トレンド調査

最近、政治を綴ることが多くなったのは、年齢によるところなのかな。

でも、ご安心を… ∠( ̄◇ ̄)
バーでは、「政治」「宗教」「悪口」は、3大タブーである。
お客さんから話題を振られても、あくまでも第三者の立場で聞き流しているので、同意することもない。
関係者が身近にいる場合もあるので、議論に発展するような話題は回避しておくに限る。
そこは職業「バーテンダー」なので、ハッキリさせておきたい部分である。
ここは日記みたいなものだから、コミュニケーションと呼べるものではあるまい。

新聞による「第二回衆院選のトレンド調査」では、意外な結果なんだなと思った。
小選挙区の支持政党では、自民党が民主党に対して、ほぼダブルスコアの支持率をつけている。
一方、「二大政党で首相にふさわしいのはどちらか」の質問に対しては、両雄とも僅差である。
野田首相は、毅然な魅力と覚悟を決めた姿勢を感じるが、肝心な党の結束力が崩壊状態にある。
安部総裁は、首相経験の賛否が割れているようだが、メジャー政権のおごりを感じさせている。

今の民主党は、遠い昔のプロ野球「アンチ巨人軍」に似ているんだ。
「巨人は嫌いだけど、王と長嶋は好きである」というアンチファンの心理。
世間は民主党に期待してないけど、野田首相には心情的に惹かれるような複雑な心境じゃないかな。

コレ結構、身近な人間心理なんだよね。
会社勤めしていれば、社長は愛せるが、会社を愛せないことがある。
その逆で会社は愛せるが、社長を愛せない複雑な心理もあるだろう。
そんな人間心理がもたらした、調査結果のような気もしないではない。

当然、各党内においても似た思いを持ちながら、努力している政治家もいるだろう。
だけど、政治家は税金で生計を立てていることを思えば、基本的に国民社会に目を向けていなければ、   存在価値ってないんだよね。
ところが権力への執着度が高い政治家って、時々の権力者を嗅ぎ分けて取り入ってもらうことばかり、
考えているような気がしてならない。
これはもう、政治も会社も似た構図だけど、そういう空気を嗅ぎ分けるのも国民の一票なんだと思う。
まあ、いつの時代でも、力があるのは数の原理を持つ組織であり、個人なんて弱い存在なんだけどね。

わたしゃ、ちゃらんぽらんな男だけど、投票だけは意地でも行っているんだよ、意地だよ、もう意地! 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする