2012年11月27日

じゃんけん発言

ね… 一枚岩とはいかず、美しいのは最初だけでしょ。

合流で難局に立ち向かうはずだった、日本維新の会とみんなの党。
橋下代表代行のじゃんけん発言に渡辺代表が憤り、他の党が便乗攻勢している愚問劇である。

じゃんけんなんて、彼特有のモノの例えであり、いちいち取り上げることでもない。
寧ろ、「橋下がまたあんな例えをしてるよ。全く、しょうがねえ野郎だな…(笑)」と笑い飛ばしたほうが、 よっぽど懐の深さを感じさせるんであってさ。
それより、やるべき課題が山積しているんだから、少し図太いぐらいがちょうどいいだろう。
個人的にじゃんけん発言なんて、不毛な興奮としか言いようがない。

でも、じゃんけん発言だって、必ずしも論理が破綻しているとは言い切れないと思う。
そう思う理由は民主主義である以上、基本的に多数決で物事は決まる。
だが、権力を持つ連中であれば、多数派工作だって不可能ではない。
政策以前に自分に利益があるかないかで、物事を決めてしまう連中を取り込めば票は伸びるでしょ。
それなら、いっそのこと、運を天に委ねて「じゃんけん」で決めるのもひとつの手だ。
プロ野球のドラフト会議だって、社会知らずの若者を「くじびき」で選んでるじゃん。

まあ、政治はそうはいかないけど、核心がさっぱり伝わってこなければ、「じゃんけんで決めろ」とでも、言いたくはなるはずだし、きっと余裕がないんだろうね。
それに心の狭い相手に、理屈を並べても通用しないから。
日本人の一丸主義は誇りだが、神経質な状態になりすぎているとさえ思える。

結局は神経質なところが積み重なって、損を招いていると末尾を締めたら、コレ間違いかな…?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする