2012年11月23日

余計な買物

ほろ酔い気分でコンビニへ入ると、余計なものを買ってしまうことがある。

これはもう、男なら誰でもあるだろう。
今でこそないが、昔は「プリンアラモード」や「のしいか」、「東スポ」に「フルーツオレ」…etc
それになぜか、「よっちゃんいか」を買い物かごに入れていた。
普段は絶対に買わないようなものまで、買ってしまうことがあった。
極めつけは、どういうわけか「エロ本」。 そういうところは、僕も男なんだろうね。

朝目覚めるとコンビニの袋の中に、ヒモでとじられたエロ本が一冊、無雑作に放り込まれている。
タイトルを見ると「なんちゃら熟女」だの、「えっ、オレが買ったんだ…」と我に返る。
「やばい、カカアに見つかったら」と思っているとすでに遅し。
気配を感じて後ろを振り向くと、「ハッ、ハッ、ハッ、もうわかっとるぞ!」と冷やかされる。

僕は「酔って雑誌を取り違えちゃったな…」と言い訳するが、通用するはずもない。
相方は「飲んで帰って来るたびに、なんでエロ本を買ってくるの…」とため息ひとつ。
「寿司折のひとつならまだしも、みやげが“よっちゃんいか”って何なのよ…」と説教を喰らう。
思春期の頃、部屋に隠していたエロ本を見つかったような、バツの悪さがあったね。

男にありがちなお笑いネタなんだけど、自分の過去をネタに笑えるようになれば、その時点で       時は過ぎているんだろうね…  もう昔のことだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする