2012年11月09日

アラミス

寝覚めはシャワーを浴びてから、外出するのが日課である。

この時季から、お湯の温度を2℃ほど高めに設定し、浴びる時間も長めになってくる。
動作は髪を洗って全身を強めに擦り、歯を磨いてから、ひげをそるのが無意識な順序になる。
シャワーを浴びた後は、コーヒーを飲みながら、空模様を確認して一日がはじまる。

僕は、オーデコロン(香水)が好きだ。
以前ほどつけないが、休日に軽くつけて、気分転換をはかることが多い。
五感の中でもとりわけ、嗅覚は想い出に直結するという。
人によってはTPOに合わせたり、彼女によって香りを変えるときもあるだろう。
相手がその匂いを受け取るかわからないけど、嗅覚と記憶は深い関係がある。

その気持、何となくわかるよね。
別れの秋、「あなたのことは忘れても、この香りは忘れないと思う…」 なーんてね。
そんなこと、一度でも言われてみたいね。
その台詞、実は強烈な体臭のことを指されていたら、きっと落ち込むだろうな… (笑)

今冬、私生活では6年ぶりに、「アラミス」(スイス)をつける…  参考までに体臭はない。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする