2012年10月15日

白い日曜

日曜、朝の澄んだ雰囲気が好きだ。

休日はどういうわけか、早起きしてしまう。
こんな早く目覚めてしまうと、返って困ってしまうんだが。

本格的に起きたつもりはないので、コーヒーを飲みながら、無音な部屋でしばらく過ごしている。
テレビをつけるか、朝刊を取りにいきたいが、午前9時の静寂な街の気配に気持も支配されている。
普段とは違い、忙しなく人が往来する気配もなく、車の交通ノイズも届いてこない。

それに、今年は自宅マンションの大規模修繕年度にあたり、普段にない騒音の中で毎日を過ごしていたので、日曜の静けさはなおさら新鮮に感じられる。
あと1時間もすれば、遊び盛りの子どもの声が響き渡り、2時間も経てば、サンデードライバーがどこかへ買物に出かける様子も感じられるだろう。
いつもとは違う雰囲気を感じながら、「今日は何をしようか」など考えているんだけど、結局はもう一度  軽く寝てからの行動になるんだけどね。

予定のない真っ白な日曜…  僕の生活サイクルでいうと、夜まで、まだまだ長い。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする