2012年10月10日

第三のビール

最近、休肝日を作る人が多くなってきたようだ。

僕に休肝日はないが、量は確実に減ったし、体を壊すような飲み方をするようなこともない。
基本的にウイスキー党ながら、普段は第三のビールを水代わりにして、正統的なビールは休日ぐらい。
普段飲んでる第三のビールは、キリン「濃い味」。
面白みの点では、サッポロ「麦とホップ黒」もいい。

若い頃は、喉ごしだったので「キレ」、今は味わいや苦味ある「コク」で選んでいる。
あれこれ飲み比べないから、「これでいいな」と思えば、たいがい口もとは落ち着く。
それに大きな違いこそわかるが、繊細な違いを知ったとしても、350ml缶(¥120)程度で大そうに   コストパフォーマンスなんて、どうでもいいような気もするけどね。
うたい文句で手を伸ばすか、イメージやラベルのカラーやデザインなどで、無意識につかまされているのが、8割なんじゃないかな。

それでも、全体的にビールのポテンシャルは、キリンのラベルが高いように思える。
好きな日本のビールは、苦味が効いた「キリン・ラガービール」。
たまには喉ごしでキュッと、「アサヒ・スーパードライ」もいい。
それでも自宅で飲む分であれば、キリン「濃い味」で十分である。

休肝日はなく、仕事の後に飲む最初の一杯は、ラベル問わずに勝る美酒はない。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする