2012年09月08日

猫の夜会

深夜の帰宅時、特定の道で猫が数匹、夜会をしているところに出くわすことがある。

歓迎されずに自転車を停めて、口笛を吹いて猫の気を引くが、餌をやるでもないので懐くはずもない。
「この、おっさん、また来たよ…」と、迷惑そうにしながら、キャットウォークで暗闇に消えてゆく。

猫のプライドは高い。
犬は人に懐いて可愛がられることで、進化した動物だと思う。
猫は本能と演技を巧みに使い分けて、人と距離を計って進化してきたと思う。
性質はとても気まぐれなので、まともに付き合うとこっちも疲れてしまう。
だから、いい加減な塩梅で付き合うのが、人と猫の理想的な距離感である。

猫の習性で言えば、夜会という点においては、バーのお客さんに似ている。
薄暗い空間で、ゆっくりと穏やかに楽しむ人もいれば、疲れを癒すかのように気だるく過ごす人もいる。
かと思えば、カウンターの隅で、静かに寝息を立てているスーツ姿の人もいる。
常連客も慣れたもんで、新しいお客さんには相応な気遣いをしてくれる器量がある。
つまり、一定のルールさえ守れば、誰でも気軽に参加できる大人の空間があるんだ。

バーは、大人の猫が集まるような、劇場型のストーリーが魅力だ。
特にジャズバーは「オス猫」が多く、急な「メス猫」の来店に戸惑う、「常連猫」が多いのも事実。
まあ、女ずれしたオス猫よりも、少し奥手なオス猫のほうが、幸せを呼ぶ「招き猫」だったりもする。

バーの定義で言えば、気取らない紳士淑女が酒と音楽、会話や出会いを楽しむ場所でもある。
ある女性がこう言っていた  「バーカウンターとウイスキーが似合う男がいい」と…。
「ひとりで酒を飲めないような男では、いざという時に何も期待できない」とのことだ。
男として、身につまされる辛口意見だが、本当のことを言えば、当らずも遠からずである。

こうして、どこにあるのかまぎらわしい路地裏のバーで、毎晩深夜3時まで夜会は繰り広げられている。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

マッサージ嬢

今週、マッサージネタが多いけど、これも今から6〜7年前の話にさかのぼる。

東京からの出張帰り、新潟駅前の繁華街を歩いていた。
すると暗がりから、アジア系の女性が現れて、「マッサージいかがですか…」と近ずいてきた。
連日の疲れがたまっていた上、ほろ酔い気分にも後押しされ、その言葉に誘われて雑居ビルに入った。
受付で別な女性から、料金が高いだけで曖昧なコースを勧められるが、僕のニーズにはないことだ。
長時間、同じ姿勢が続いていたので、肩と背中を重点的にもみほぐしてほしいことだけを伝えた。

前払いで個室に入ると、ムーディーなピンクと間接照明に彩られたベットに導かれ、男を挑発するようなコスチュームに着替え出した。
どこかコースの変更を漂わせる感じを引きずっていたが、決まったとおりのことをやってくれと告げた。
その前の時点から、気がつかなきゃいけないのだろうが、ほろ酔いに疲労感が強かったので、そこまで気が回らずに、先ほどのニーズだけを満たして帰宅した。

あくる日、某スナックのマスターに出来事を話したら、そりゃもう大笑いされてしまった。
マッサージで客引きしていた風俗店だったらしく、気づかずに入った天然ぶりに輪をかけて笑われる。
どおりで色仕掛けな部屋であり、上手とはいえないマッサージだったわけだ。
もともと、そんな気もさらさらないが、それにしてもまぎらわしい誘い方である。
その曖昧さがスリルかもしれないが、中年期に入ると素直なマッサージこそが快感となるのだ。

今度、「マッサージいかがですか…」と声をかけられたら、こう言ってやろう。
「俺が、やってやる!」と、路上で、「おっしゃ、おっしゃ」と、逆に彼女の両肩をもんでやるぜ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

Luck In The Rain

4日、久し振りの雨だった。

夕方、万代の食料品店へ向おうとした間際、タイミングよく雨が止んだ。
雨上がり、空気が澄んで、涼しく感じるのが好きだ。

一通り買い物を済ませて、自転車で自宅へ戻る途中、また小雨が降り出してきた。
五時を少し回った頃だったので、家路に向う人、会社へ戻る人など、急に早足になっていた。

僕は少しの雨は平気なので、鼻歌を鳴らしながら、ゆっくりとペタルをこぐ。
すると前から、白いシャツを着たひとりの若い女性が、小雨に濡れながらウキウキと歩いてきた。
普通に見かけたら、「変わった女だな…」と思うのだが、連日カンカン照りな日が続いていたので、    よっぽど小雨が気持ちよかったんだろう。

どこか、メリーポピンズみたいな、自由な解放感に包まれたのであろうか。
そう、女性はちょっとしたことで、主演女優になれる感性があるんだよね。

今晩のブログタイトルは何にしようかな。 (だいたい、文末で決めちゃうんだけどさ)
少しシャレた気分で、「Luck In The Rain」なんてどうかな…  スペル、間違ってないよね?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

セルフボディ

6〜7年前まで、全身がコリやすい体質で、月1回はマッサージを受けていた。

原因は底の固い、「革靴」にあったと思われる。
両足の裏には、タコと魚の目が盛り上がり、圧迫痛に悩まされていた。
定期的に電動やすりで角質を削り取り、市販のスピール膏で処置をする。
足裏のコリは、足裏専用ローラーで、痛みのツボをほぐすのが日課だった。

クリニックでは、肩から足首にかけて、背中と太ももを集中的に施術していた。
それが革靴をはかなくなってから、全身のコリは治まり、足裏のケアをする必要がなくなっていた。
街中には、「マッサージ」の看板を掲げた店が多くある。
それだけ、全身がコリやすい体質の人が多いのであろう。
僕のように原因が分かれば、治しようがあるのだろうが、原因が特定できないのは結構辛い。

日本人は、肩コリ性が多いと聞く。
原因には、「パソコン」「歯のかみ合わせ」「枕が合わない」など複数あるが、特定できないから困る。
また、特定できても、職業的に上手につき合わなきゃならなかったりするもの。
それに中年期になると、筋肉関連とは別に身体症状も出てくるので、パーツのケアも必要となってくる。
年齢と同時に、体の錆びつき具合に愕然とするものだが、まだまだ体には情熱をもちたいものである。

今の僕が通っているのは、歯科医の定期健診だけであるが、性機能症状は大丈夫かといえば…?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

マッサージ器

たまに行く銭湯に、旧式のマッサージ器が置かれている。

10分100円なので、首から腰にかけて20分ほどもみほぐす。
だが、旧式だけに強弱は利くものの、まだ全体的に動きが粗い機器も多い。

背骨から腰にかけて、2本のローラーがゴリゴリ下がるたび、「ウォー」と低音の唸り声が絞り出る。
逆に、腰からグリグリと上がってくるたびに、「ヒョエー」と高音の奇声が口元をつんざく。
ゴリゴリ、グリグリ、ゴリゴリ、グリグリ… 容赦なく全身をもみほぐす。
その刺激、胸を突き出す格好で、足の親指が上向きに反り返っているほどである。
どおりで誰も使ってないはずで、そういえばコインを投入したとき、チャリンと乾いた音が響いていた。

言い知れない苦痛のような快感に戸惑いながら、「フゥー」とため息をつく繰り返し。
そのうち苦痛に慣れてくると、妙な心地良さを感じてくる。
最初の10分は「うめき声」からはじまり、最後の5分は「あえぎ声」に変わってくる。
まるで、どこかの性感帯にヒットしちゃったような…  「ドMかよ!」

今、自宅に一番欲しいモノはマッサージチェアーだが、猫のひたいほどの部屋なので置き場所がない。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Shower Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

うつ病警報

気をつけろよ… 今日から9月だぞ。

残暑厳しいが、夏から秋への移ろいは儚い。
ひと夏の思い出と言えば、見るもの全ての関心が高かった、小学生の頃が一番であろう。
夏と向き合って、一生懸命に遊び、真剣に心の交流をしたものである。
それが今では、暑さに気力が奪われ、夏を客観的に見ているだけとなる。

僕は夏男ではない。
夏は幻とは、よく言ったものだ。
夏休みの宿題は、ギリギリにならなきゃやらなかったので、8月の第4週は修業の身となる。
二学期、最初の楽しみは席替えだけだった。 
ただし、席次と隣の女子次第で明暗が分かれたが、僕だけ黒板前、教壇の隣席ということもよくあった。

社会人なら、用心していたほうがいい。
8月と9月では、圧倒的に何かが違う。
残暑が引けるこれからの夜、おかしいのは周りなのか、それとも自分自身なのか…
毎晩、週末の夜まで、自宅と会社を直行直帰しているようでは、そいつの何かがおかしいよ。
道草できる余裕がないことは、気持が解放されてないんだから、かなり幼い帰宅方法である。
さあ、「トワイライトゾーン」のはじまりである。

「今、あなたは、うつ病予備軍のはずだ」
いいかい… クソ真面目なやつほど、絶対に気をつけろよ。
そのクソ真面目とかいう、「不条理な怪物」を評価してくれる人なんて、どこにもいないんだよ。

9月、残暑が引ける頃、軽度のうつ病がはじまるぞ…  健闘を祈る! 
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする