2012年08月27日

最後の夜

僕が居心地のいい店のひとつに、万代のダイニングバーがある。

気軽なスタイルで、日曜も営業していることもあり、忘れられない程度には顔を出していた。
店選びは「人」が味付けになるけど、時間的に伺えないことの方が多いのも現実。

彼とは五年ほど前、万代の居酒屋でたまたま隣の席で知り合った関係。
年齢は17歳ほど年下ながら、話していて反応が早いところが気に入った。
時間を割いてまで会うほどの親しさではないが、連絡先を交換してからここまでの歳月が流れた。

昨晩、彼が勤務する店でバーボンソーダーをひとりで飲んでいた。
しかし、この店ではこれが最後の夜となる。
大人の事情で、今月末でお店が閉店するからだ。

彼が次に行く先は決まっているとのことだが、最終的には「自分のお店を持ちたい」一心で、今は着々と経験と実績を積んでおり、若いながら野生を持つタイプである。

寧ろ年齢とは、精神的なものの方が大きいと思えるね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする