2012年08月22日

狸と狐

今回の領有権問題で、中国と韓国の正体がそれぞれ明らかになったと思う。

さかのぼれば、時の小泉首相が靖国参拝したことで、両国との関係が悪化したと一部で報じられた。
それにより、中国で反日デモが起きて、日本料理店に投石するわ、日本車を見ればひっくり返すわで、とても文明国の行動ではなかった。
今は、日本の首相が靖国参拝をしなくても、すぐに違う問題を仕立て上げて蛮行を繰り返している。
賛否両論あるが、中国にとって靖国参拝をするしないは大した問題ではなく、国益のために新たな問題を引き起こそうとする了見は変わらないような気がする。

しかも、中国国内で人民の統制を謀れなくなると、日本へ矛先をすりかえるのは毎度の悪意である。
近隣国と仲良くしたいのはやまやまだけど、見え透いた悪意のある国に正論が通用しないのも現実だ。
それでも、国際社会で生きる上、中国と韓国とは上手につき合わざる得ないのは自覚せねばならない。

だが、日本と中国は言論の自由と弾圧による体制が違うため、協議が野蛮になるもどかしさがある。
それが韓国であれば、せっかく友好関係が進展したかと思えば、いきなり人を崖から突き落とす真似をするところがあり、正直、この問題を通じて、「考え方がわからない国」になってきた。
今件を通して、僕には、「中国=狸」 「韓国=狐」にしか見えないんだ。

そして、日本は品性を間違えずに、怒るときは怒るべきである!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする