2012年08月15日

五輪閉幕

ロンドン五輪が閉幕して、日常が静寂になってきた。

今になっては、高校野球中継の応援歌がテレビから流れているのが、どことなく心寂しく感じる。
それほど、今年の五輪は見ごたえがあったということだ。

これは誰も言うことだが、女性アスリートの活躍ぶりが目を惹いた。
その種目に「女子ソフトボール」が加わっていれば、もっと盛り上がったに違いない。

僕が一番印象に残ったのは、「女子サッカー決勝戦」だった。
生中継で観たことを差引いても、最後まで怯まず、攻め切った姿勢に共感した。
個人競技の独立独歩な精神も魅力だが、日本人の気質である一丸主義がいい方向に進んだと思う。
ただ、学芸会のようなパフォーマンスは、あまり日本人らしくない感情振る舞いのような気がしたけど。
まあ、結果が大目に見た感じである。

女性は生理学的に強い。
それは出産という機能、子育てという本能にあるので、何よりも痛みには強いんじゃないかと思える。
その点、素顔の男は大げさな印象を受けてしまう。
男の場合、男らしさを熱望する使命感による強さなので、考え方によってはいやはや、とてもデリケートな生きものかも知れない。
負けて号泣する男に対し、女が見せたひと筋の涙が印象に残ったのは、そんな理由からだと思うんだ。

ロンドン五輪では、「日本の女性は強い」という印象を、満天下のもとに示すことができたであろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする