2012年08月01日

銅メダル

ロンドン五輪、見方によっては「銅メダル」獲得の方が、難しいんじゃないかな…?

ここまで日本は、柔道 競泳 アーチェリーと続けざまに、銅メダルを獲得している。
金にこだわらず、「メダル」を目標にすれば、3位以内に入賞することが絶対条件となる。
「金」なら、下からの追っ手は「銀」と「銅」の二人だけ。
だが、「銅」の下からは、無限大の選手が鬼の形相で追っかけてくる。
そりゃ、「銅」と「4位」とでは、「天と地」ほどの違いがあるからね。
そう考えれば、日本はつばぜり合いが強くなったんじゃないだろうか。

メダルが確実な「決勝戦」や「1位と2位」対決では、身体能力が同じであれば、意地や気力が優り、   クレバーな方が金メダルを獲得するであろう。
その点、「3位決定戦」や「銅メダル争い」は後がない、究極の戦い熾烈なレースとなる。
だから、「4位」という結果は肉体的にも精神的にも、その悔しさはしばらくは何もする気が起きないほどの痛手が残ると思われる。

銅なら生涯、「元ロンドン五輪 銅メダリスト」の称号が与えられ、果てはコメンテーターや政治家にも
なれてしまうんだからね。
本人にすれば、決勝戦以上に経験したことがない緊張感に包まれることは、想像に難しくないだろう。
僕だったら、そんな思いをするぐらいなら、予選や一回戦でさっさと負けて、観光めぐりをしていた方が  周りもすんなりと存在を忘れてくれるんじゃないかな。
その方が、気が楽のように思えるね。

特に、アーチェリー銅メダルの三人娘の風貌。
ありゃ、普通に見ても、「コンビニ店員」 「美容師見習い」 「介護職員」にしか見えないよな (笑)
それが一瞬にして、メーキャップアーティストはつく、スタイリストもついて、テレビ出演でしょ。
たぶん、蟹江美貴は「カニちゃん」として、ニューキャラでブレークするんじゃないかな。
それほど、銅メダルは存在を強くしてしまうし、言葉ひとつ取り上げられるようになる。

その意味で銅メダルとは、扱いかたひとつによっては、「パンドラのメダル」だと思わないか!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする