2012年07月29日

組み合う柔道

今日から一週間、僕の「アドレナリン」は出っぱなしであろう。

ロンドン五輪の先陣を切った柔道。
各階級の見どころは、重量級の奥深い破壊力、中量級の安定したパワーとスピード。
軽量級になると、立ち技 寝技 締め技 関節技が多彩で、匠の柔道技が光る。
凄まじい連続技(つなぎ技)から、一瞬をとらえる瞬発力。
どの組み手で、どんな角度から何の技がくるのか、見当がつかない。
世界柔道の実戦レベルは、急激に高くなったと思えた。

理由のひとつに、「効果」ポイントが廃止されたことが上げられるだろう。
それまではタックルのように、組まずともかけられる技が横行していた。
ポイント勝負だから、柔道の流れが悪い方向に変わってしまったんだ。
ひどい試合になると、極端な前傾姿勢から、決める気のないムダ技を繰り返しているだけで、審判の 心象を惹くだけのポイントゲームと化していた。
今の篠原監督がアテネ五輪かで、「このままでは、柔道が柔道でなくなってしまう」と警笛を鳴らした。
そんな柔道を、次の北京五輪で見せつけられたことは、まだ記憶に残っている。

4年後のロンドン五輪…
初日の「男子60k級」と「女子48k級」を見た限り、試合結果は残念だったが懸念は和らいだ。
世界レベルで、「しっかり組んで戦う柔道」に、外国人選手は少し戻りつつあると感じた。
組み合わない柔道は柔道ではなく、本質的に正々堂々と一本を取りにいく、柔道こそが柔道である。
義務教育に「柔道」を奨励しているのなら、意義のある見方を推進したいよね。

余談だが、「男子100k級 穴井隆将」の攻め抜こうとする柔道が好きだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする