2012年06月09日

ミッキーに学ぶ

好きな映画は、「ロッキー」(1976)  それ以降の作品は劇画的過ぎた。

原作の見どころは前半の「不器用な恋愛」、後半の「ファイティングシーン」だろう。
個人的には、「トレーナーとの関係」に重きを置いた。

年老いたトレーナーのミッキーは、誰よりも先にロッキーの素質を見抜いていた人物だった。
だが自堕落な生活を送っていたロッキーは、ミッキーの立場を理解してないとしか言いようなかった。
そういう考えのなさが、いつしか仲間までも遠ざけていった。
そこに来てアポロの思いつきから、突如として対戦相手に指名されたロッキー。
ミッキーは孤立しているロッキーを見かねて歩みよったが、逆に「こういうときばっかり…」と、過去からの感情が話をややこしくしてしまった。
本当は不仲でもなんでもなく、お互いの不器用さが和解を邪魔していただけのことであった。
長年冷遇されたと思い込んでいるロッキーは、思いを吐き出してミッキーの後ろ姿に罵声を浴びせる。
そのまま凍える夜の街をひとり、トボトボと歩きはじめたミッキー。

するとロッキーは着の身着のままでミッキーを追いかけ、肩に優しく手を回してから、何やら一言二言  交わしてから別れた。
男と男が、いさぎよく和解した瞬間である。
やっぱり、お互いを必要としていたんだ。
いつまでも意地を張っている自分をバカバカしく思い、もう一度出直す決意をしたのであろう。
そのときの台詞は高架橋の騒音でかき消されているが、どんな言葉を交わしたのかを観客に思い描かせたところが、心に訴えかけられた場面だった。

僕は思ったね… 男だから謝れるし和解できるのが真の姿であり、それこそが男らしさだよね。
そんな、詫び寂びの抑えた表現の中にこそ、この映画のよさがしみわたっていると思えるんだ。
このシーンを何度観ても、まぎれのない青春の香りに包まれてしまう。

何だか、生卵を殻ごとバリバリ食って、本町市場を全裸で疾走したくなったぜぇー!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする