2011年11月16日

机上の采配

男は誰しも、机上の監督… いや、大監督である。

15日、サッカーアジア予選「日本ー北朝鮮」戦は、想像以上に敵地で勝利することは難しいと思った。
互いの技量が拮抗していれば、最後はクレバーな方が勝算は高いだろう。
監督には、選手の気質を見抜くだけの、洞察力を求められる。
今のプロ野球日本シリーズもそうだが、監督の采配が展開を左右すると同時に、いかに選手の特性を理解しているかが勝敗の鍵となる。
それこそが監督の仕事であり、敵地で勝利できるだけの、メンタルスキルを鍛えることも要求される。

野球やサッカーは、ルールさえ知っていれば、誰でも机上で采配できる楽しさがある。
それが経験あるスポーツであれば、もう一歩二歩、踏み込んだ見方もできるだろう。
あいにく、野球もサッカーも草むらレベルでしかないが、経験のある柔道で監督になった場合、団体戦の采配を描けばこうである。
  先鋒は、先手必勝の論理からすれば、絶対に気が強く、はったりをかませられるタイプ。
  次鋒は、先鋒の勝敗如何にも関わらず、何を仕掛けてくるか、全く見当がつかないタイプ。
  中堅は、勝敗を左右する対戦となるので、手堅くキッチリと勝てるタイプ。
  副将は、中堅が敗れたとき、急場の監督の伝令に即応できる器用なタイプ。
  大将は、安定感には欠けるが、火事場の馬鹿力を持ち、一瞬の勝負勘に長けているタイプ。
そうすると、僕の懐刀は副将であり、伝家の宝刀は中堅である。
僕が柔道の監督であれば、これが定石のオーダーであろうと、勝手になりきっている。

選手を自分に見立てる年齢ではないので、やっぱり中年のおじさんは監督になっているのだ。
男というのは、頭の中でけっこう訳のわからないことを考えて、遊んでいるものである。
その意味では、机上の采配なら負けへんで。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする