2011年07月06日

自惚れるな!

5日、松本復興担当相が、自らの失言と傲慢さから、任命9日目にして辞職した。

過去から、官僚の問題発言と揚げ足取りの風潮は慣れているが、この発言と態度は今までとは明らかに質が異なり、不快感が最初に立った。
その不遜な態度を見ると、「せっかく来てやったのに、この私を尊敬しないとは失敬だ」などと、腹の底で思っている姿がありありだった。
だいたい、スコップすら持ったことがないような人が、被災地を陣頭指揮するのである。
ならば、学ぼうという謙虚な姿勢もない限り、尊敬なんて得られるはずがないでしょ!

私の経験から断言するが、こういうタイプの人間は実力以外で特別待遇されてきた上、手柄は全て自分のモノ、責任は全て部下に押し付けることがほとんどである。
そもそも、被災地が大変なのは当たり前であり、気持ちの切替えもせずに、サッカーボールでパフォーマンスしている姿は、救世主面した自惚れにも映った。
問題発言にしても、基本的な事実も知らないのに、次から次へと並べ立てる、無知で冷たい傲慢な言葉のオンパレードには、正直言って開いた口が塞がらなかった。

このお方、酸いも甘いも噛み分けた、御年60歳というではないか…
普通なら、定年退職の年齢であり、最後のご奉公として、それまでの集大成を遺憾なくぶつけるのが、男のプライドであろう。
私自身、自慢できる経歴など何もないが、あの偉ぶった言動を見て思わず、「こういう人間には、なりたくねえな…」と、口元でつぶやいた。

「自惚れも大概にしろよ」 と言いたいね (怒)     あー、スッキリした! たまには怒る (笑) 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

個人ノルマ

何の風の吹き回しかな…

4日、東京の友人から、店宛てにお中元が届いた。
何でも、数量限定の「手作りバウムクーヘン」で、そのお味は、ほっぺたが落ちそうになった。
なんて、表現は使わないよね。
お客さんとも、小さな幸せを分かち合った。 ありがとう。

この男の面白さは、名前の最初に勝手な横文字をつけたり、肩書を大げさに変えてくるところにある。
それは私だけに限らないが、過去にも「柔道家」、「ダンサー」、「エキサイト」など、名字の頭に全く意味不明な肩書をつけてくるのだ。
それこそ、プロレスラーのリングネームばりに、「ストロング・小林」、「ラッシャー・木村」など、誰構わず勝手にネーミングする癖がある。
お茶目な一面と言えば聞こえはいいが、昔から何かしないと、気がすまないタイプなのであろう。
今回、私の肩書を大げさにも、「代表取締役社長」としていたが、また何を考えているのやら。

そんな彼に、お中元が届いた挨拶をしようとした20時から、お客さんが続いたので、まずは相方より、お礼の挨拶を入れてもらったが、そこにはやっぱり理由があった。
職場の「全国お中元キャンペーン」で、個人ノルマが未達成なので、身銭を叩いて私宛に送ったというではないか… (ノルマは大変だよね、でもガンバレ、46歳おやじ) 
こっちはありがたく頂戴したのだが、この男の動機はそれ以外、サイドストーリーも漂っているんだよな。
それも、夏に帰省するので、「女を紹介してくれ」と、無言のメッセージも含んでいそうなのだ。
それとも、気に入った元人妻の連絡先でも、知りたいのであろうか。
お中元返しに、女体を期待しているのかな… 俺に期待するな、無理だ。

彼は夏の同窓会で、「日活ロマンポルノ」のような出来事を、秘かに期待しているのかも知れない…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

M字開脚

外出先にほど近い、コーヒーショップへ入った。
そのまま、アイスコーヒーを持って、ハイカウンターに座ること数分後。
後から来た男性客も、同じ店員にアイスコーヒーを注文したが、私の心に動揺(?)が走った。

(店員) 「サイズは、S.M.L.と御座いますが」
(男性) 「L」 (少しぶっきらぼうに)
(わし) (そうか、サイズが選べるんだった… 聞かれず、黙ってSを出されたけど、Mがいいなあ…)

(店員) 「某ポイントカードはお持ちですか」
(男性) 「いや」 (ないということ)
(わし) (えっ、ある、ある、俺、そのカード持っているし、何か特典あるのかな…)

(店員) 「レシートはよろしかったですか」
(男性) 「…」 (無言で手で払うしぐさ)
(わし) (一応、私は経費として…)

俺には、何も聞いてくれなかったなぁ… (笑)
マラソンの給水場じゃあるまいし、Sよりもゆっくり、Mサイズぐらいは飲みたいし。
ポイントカードぐらいは、持っているし。
領収証もこう見えても、一応経営者だし。
しかも、客としての品位はあると思うし。
そんなに、第一印象は悪くないと思うし。
オヤジになったのは、自然界の摂理だし。
ちなみにまだ、男の加齢臭は大丈夫だし。
おまけに小さいことに、腹を立てないし。
人を見た目で判断しちゃいけないと思うし。
素っ気無い対応しかされないおじさんには、笑顔と愛嬌が何よりも嬉しい贈りものだし… 

今度サイズを聞かれたら、その場で「M字開脚」しながら、大声で「Mじゃ」って答えちゃおうかな!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

柳ジョージ

急に、「柳ジョージ&レイニーウッド」が聴きたくなった。
中学三年の春、新潟県民会館でのライブが最初だった。

存在はブルースを基調とし、男節のロックで吠えまくる、しゃがれた声が渋かった。
歌詞も軟派ではなく、退廃的な男の哀愁や伊達っぷりを、硬派に歌い上げている。
浮ついた台詞で、女を口説く男よりも、そのオーラで女を引き寄せる、男の生き様が歌詞にある。
今の時代、受け容れ難いが、男の孤高を匂わせる歌詞が、これまたカッコイイ。
ロックに、日本語の歌詞を乗せるのは難しいが、日本人は日本語の歌詞に影響されるものだ。

歌詞のないジャズの旋律に、あえて歌心を乗せれば、「チェット・ベイカー」や、「デクスター・ゴードン」のような、異なる意味で「渋さの極み」を感じさせてくれる。
今の歌詞は、物語性が乏しいので、聴いていても風景を浮かべにくいのが残念な気がする。
それら、思春期の多感な頃に聴いていたので、保管されてる懐かしさが、余計そう思わせるのだろう。

確かなことは、今よりも楽曲が文学的であったことだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

機械オンチ

先日、自宅用に購入した、ブルーレイレコーダーが届いた。

私は機械オンチなので、配線や設置にあまり意欲が向かない。
その点、相方は自他共に認めるテレビ女なので、その煮えたぎる意欲はたくましい。

自身、テレビはニュース番組程度で、好きなチャンネルに合わせることは少ない。
ビデオも相方が独占状態であり、何かの拍子で観たくなったときだけで、録画予約も満足にできない。
パソコンもブログをするとき以外、立ち上げることも少なく、近年のツィッターやフェイスブックなんて言葉を知っていても、その運用には全く興味がNOW!
コンポも気まぐれに、ズージャを聴く程度で、無駄に置物化している。
ケータイも必要性のある電話か、情報源としてのメールだけで、今やフォトやムービー機能は使わず。
ゲームは高校生の頃、パックマンをしたっきり、ファミコンなんてしたこともない。
デジカメも撮らない… 自分の顔写真を撮って、それを見て何がおもしろいのかなと思ってしまう。
威張れることではないが、まともに使えるのは、ファックスだけかも知れない…

このように、電化製品については機械オンチな上、とことんさめているタイプである。
だから、電化製品に詳しい人が間近にいると、アーティストを見るような羨望の眼差しを送ってしまう。
家電量販店に行っても、相方は新製品の説明を熱心に聞いてるのに、私の方は店頭の隅に置いてあるガチャガチャマシーンを回して、カプセルを開けて「キャッキャ」と喜んでいたりしている。
それこそ、店内にキッズスペースでもあれば、そこでチビッ子たちと遊んで待っていたくなるのだ。
そんなアホを容認している相方は、知らず知らずのうちに、電化製品に明るい妻へと成長してくれた!

どこかに、私を夢中にさせてくれる、最新型のシンプルな電化製品はないだろうか…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする