2011年03月23日

飲酒メール

人との輪が広がると、ケータイにユニークなメールが入ってくることも多くなる。
その中からいくつか、お客さんからきた面白いメールを匿名で紹介しようと思う。

去年のメールになるが…
「家の駐輪場で変な女が、宇宙人と交信していた」 (45歳・男性)
「UFOにさらわれて、人体実験をされた」 (45歳・男性)
「歩いてたら、ぬりかべの野郎が目の前に出てきた」 (42歳・男性)
これら妄想メールは深夜に多く、どういう状態なのか、説明するまでもなかろう。

強者にもなると…
「人生最大の賭けをするので、女を紹介してくれ」 (46歳・東京在住の男性)
「昔の女を忘れられないので、探してくれないか」 (46歳・東京在住の男性)
女がらみに関しては、人並み外れた、ポジティブシンキングなメールが来ることもある。

極めつけはこれだ! 見た瞬間は気を失いそうになった。
「〇〇ちゃん、コンビニでヨーグルトを買って帰るネ パパより」 (52歳・男性)
だいたい、どこをどう操作すれば、間違って送ってこれるのかが不思議だ…。
深夜にくるメールは、ヘロヘロな状態でありながら、それでも器用に操作できるところは感心する。
実は私も身に覚えがあるので、あまり高飛車には言えないのだが…。

「飲んだら送るな 送るなら飲むな」 飲酒メール撲滅運動実施中!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする