2011年03月12日

大地震発生…その時

11日、東北太平洋沖地震(仮称)発生時。
自宅でウンザリと国会中継を観ていたその時、横揺れを感じた。

新潟県は気象庁発表の震度3程度でも、徐々に強まる振動に恐怖心を覚えた人も多いと思うが、それこそ、震源地付近のM8.8の大混乱は、とても書くにしのびない。
NZ地震同様、自然の猛威が相手では今更ながら、なす術がないことを感じた。
だが、一致団結のマンパワーこそが、人間の値打ちであるとともに、必然の姿だと思う。

テレビ報道に触れるが、現地からリポーターが興奮状態で、言葉をまきちらしている姿は見苦しい。
テレビを通した言葉に、国民は思わぬ興奮と悪影響を及ぼす可能性があるからだ。
女性リポーターは仕方ないが、男性リポーターにはもう少し凛としてもらいたい。

そしてたった今、午前4時の新潟市では震度4の余震を観測した。
今日はもうしばらく、テレビから目を放せない。

被災された地域の方々には、心よりお見舞い申し上げます。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする