2011年03月04日

カンニング

3日、大学入試問題をネットに投稿した容疑で、19歳の予備校生が逮捕された。

私らのカンニングと言えば、手のひらや消しゴムに書き込む程度の古典的な手口しか思い浮かばないが、今やケータイやパソコンを使い、不特定の返信者を利用する大胆不敵な手口に時代を感じた。
巧妙なことに返信された回答をある程度、正解と不正解に見抜ける学力があるとも思われる。
だが、悪知恵は働くが、足がつかないと思っていたのなら、その矛盾に気がつかない思考が若く思える。
バカと天才は紙一重と言われるが、彼は学業よりもむしろ今、世の中を見る能力の方が大切であろう。

それを教えないと行く末の職業を、「カンニング・コンサルタント」なんて肩書きで開業したりするぞ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする