2011年02月19日

腕時計

外出先へ向かっているとき、腕時計をし忘れたことに気がついた。
不便ではないが、いつも身に付けているモノがないと、少し落ち着かないものだ。

心理テストで、腕時計はよく女性に置き換えられる。
実用以外で意識することはないが、一人暮らしを始めた20歳から、腕時計は手放せなくなった。
別に複数のタイプをつけわけたり、デザインにこだわるのでもなく、コレと決めたら長く付き合う方だ。
どうやら、気の多いタイプではなさそうであり、良く言えば一途、目線を変えれば頑固なのかな。
一つ感じることは、肌身離さず持ち歩くモノとは、何かの分身であることに違いない気はする。
だから、大切なモノを忘れたようで、不安の表れになるのかな。

そう言えば、ゴールドジャラジャラ系の怪奇な人は、どんな心理で全身にアクセサリーをまとっているのか、すこし興味がある。
いずれにせよ、思い入れのあるモノは大切にしなくちゃね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする