2010年10月14日

老眼になってきたようだ…

2010年10月10日(日曜/祝前日)は、10並びの大安で、ブライダル関連はどこも忙しかったようだ。
どうりで万代橋をはさんで、フォ−マルな服装をした男女のグル−プを多く見かけた。

思えば結婚披露宴に招待された、一番最後はいつ頃だったかな?
東京に住んでいる外国の友人、いや、千葉にいる仲の良かった元会社の同期…。
前後の記憶が定かでないほど、ご無沙汰している。

今や40歳代にもなると、それはもうパタッと招待状は途切れ、届くのは訃報や喪中ばかりになる。
それまでは結婚や出産に命の喜びを知ったが、これからは命の尊さをもっと知ることになるだろう。
だから今になって、“命の使い方”を考えるようになってきた。
そう、もう完全に立ち位置は変わったのだ。

13日、店の前で近く結婚を控えている、顔見知りの若い女性と軽い会話をした。
女性は結婚を前にすると、きれいになるというのは本当のようで、目の輝きが違うことに気がついた。
逆に離婚した女性は、色気が増すことに加え、どこか目力が強くなる気がするが、そこがまたいいのだ。

そういう、私の目は少しずつ、“老眼”にさしかかってきたようだ …( ̄□ ̄;)!!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする