2010年10月11日

美味いぞ アオリイカ

勤め人でありながら、趣味の魚釣りが高じて、魚介類のさばき方から本格的な包丁選びまで、職人顔負けの腕利きでもある、別名【つかのっち】。
何でも、某会報誌の釣りコラムで、筆先を余すことなく奮っている、新潟の釣り名人である。

10日、名人が釣り上げてきた“アオリイカ”を、当店へ差し入れに来て下さった。
私の不器用な包丁さばきで失礼したが、もちろん“刺身”で頂戴した。
その味、肉厚な胴体は弾力があり、イカ本来の甘さが見事に後を引く。
店内に居合わせた、他のお客さんにも刺身を振舞ったが、その甘みは共通していた。

さすがにウイスキ−との相性は遠かったが、イカそのものの美味しさを見直す機会を与えてもらった、名人には感謝・感激・雨あられ!
隣の【夜な夜なMさん】も、しきりに絶賛していた。

11日、残りのアオリイカを調理するため、自宅の台所を占領することは言うまでもない。
ゲソは焼くか天ぷらにして、生姜醤油で食べるのがいいだろう …今晩は酒が美味いぞ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする