2010年09月30日

引退する勇気がない

2004年アテネ五輪、柔道金メダリスト鈴木桂治が「引退する勇気がない」とし、現役続行を表明した。

時はさかのぼること、約25年前。
1984年ロサンゼルス五輪、柔道金メダリスト山下泰裕が、“203勝無敗”のまま86年に引退した。
それは日本国内だけでなく、世界中からも惜しまれ、引退会見では「自分が思う柔道をできなくなった」と、コメントしていたように記憶している。

当時、「負けることが怖くなったのかな?」と感じた。
常に武道家は目標とされる以上、敗れて引退することが、“男の散り際”だと思う。
その意味で、“無敗神話”の山下泰裕には、ロマンを感じなくなってしまった。

鈴木桂治は、結果が問われるスポ−ツ界では、すでにピ−クは過ぎてはいる。
もう、自分のポジションは奪われているし、若手選手の踏み台として、狙われ続けるであろう。
それでも、「柔道が好きだ」という気持から出た答えである以上、今後の進化を見届けていきたい。
アマチュアなら、青春ドラマを描いてウダウダやってればいいが、プロともなると必死さが違うんだよな。

もう、気の済むまで、ボロ雑巾になるまでやりゃいいんだ。
世間体よりも、自分の筋を通せれば、悔いもないであろう。

だが、最後の最後は、「これが俺だ」という試合を見せてほしいと思っている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする