2010年09月26日

中国の反日デモについて (弐)

24日、日本の尖閣諸島で逮捕された中国人船長が釈放された。
釈然としないが、苦渋の決断に今更何を言っても仕方あるまい。
だが、25日夕方の報道には、さすがに“カチン”ときた。

今度は謝罪と賠償責任を要求してきたというではないか。
もちろん日本は断固応じないと宣言したが、それこそ相手は“狡猾国家”なだけに、更なる言いがかりを企んでいると思われる。
一度は中国人の好きな言葉、「面子」を立てたが今度はコレだ。
今の中国経済は宝くじに当たったようなものであり、この景気で面の皮が厚くなるどころか、二言目にも金を引き合いに出してくる。
そしてマナ−の悪さに加え、人の話を聞かないメンタリティ−ほど驚異的な問題はない。

その点、日本はメンタル的に先進国だが、微妙な言い方をすれば優しすぎる気質がある。
譲るところは譲ってもいいが、絶対に譲ってはいけない部分は今後も突っぱねるべきだ。
「優しさ」の対義語は、「強さ」であろう。

そして新聞の社説で、米国のア−ミテ−ジ元国防副長官のコメントが目を引いた。
「中国は日本を試している。日本が大人の姿勢を取ったことは、高く評価している」とした。
だが早速、中国は「勝利した」と勘違いしているようだ。 …全くどうしょうもねえな(苦笑)

一方、日本の鳩山前首相はこう言ったらしい。
「私だったら、温家宝首相と腹を割って話し合いができた」と。

この人は辞任して正解だった。  政治に「たら」「れば」はないのだ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする