2010年08月31日

山本小鉄

29日夜、私のケ−タイに、プロレスおやじ、【ス−パ−・ストロング・M】からメ−ルが届いた。
そこには、こう記されていた。 …「FOREVER YAMAHA BROS!」

昨夜30日、親分肌で有名だった元プロレスラ−(鬼軍曹)山本小鉄氏(享年68歳)に軽く献杯した。
それはもうストイックなまでに、プロレスの可能性を追求し続けた、プロレス界のオヤジさんである。
多くの若手レスラ−が、山本小鉄の元で修行を積んで、一人前のレスラ−に成長して行った。
練習生だった頃の前田日明が、当時こんな印象的なコメントを残している。

−「道場に山本さんの車が到着すると、ピ−ンと張り詰めた空気が走り、身がすくむ思いだった」−

道場を圧倒するほどの存在感を示しつつも、人の面倒見が良く、悩みにも親身になっていたらしい。
前田が第一次UWFから新日本に出戻りした時、長州の顔面を蹴り飛ばした時も、既に所属団体や立場も異なっているにも関わらず、最後まで前田をかばっていたという。
結果として前田が追放された時には、「何で前田が辞めなきゃいけないんだ」と、我が子が出て行ってしまった気持同然、浴びるように酒を飲んで寂しさをまぎらわしたと、後のインタビュ−で明かしている。
その時、孤立した前田をかばったがために、自分も新日本プロレスで孤立状態になったともいう。
本当のことしか言わなかったから、お互いに敵が多かったことはうなずける。

山本小鉄にとっては、弟子は何があろうと弟子であり、弟子の成長を望まない師匠はいまい。
だとすれば、その厳しさは愛情の証だったのであろう。
すでに前田は船木に、長州は藤波にすぐさま、訃報を伝えあったという。

男が大切にしなければならない冠婚葬祭は、「葬儀」である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

金を使わない日本の暗い金持ち

今年で33回目の“24時間チャリティ−テレビ”が終了した。
毎年、社会貢献している長寿番組として、その心は伝わってくる。
だが、演出が過剰だと、目的と手段を困惑させてしまうので、その影響力に注意を払いたいものだ。

話は変わるが、日本人は世界一の貯蓄を持っていると聞く。
最近の報道では、大企業の経営者250人ほどは、一億円以上の役員報酬を得ているという。
資本主義なのだから、莫大な報酬を得られることが経営者であるのは、全く否定しない。
だが、彼らが慈善事業や社会福祉の一部に、寄付したなどの話は聞いたことがない。
どこか、“自分の幸せだけ”を求める風潮だとしたら、先進国としての意識は低いのではないか。
経営者である以上、徹底したコスト削減やリストラを推進しているにもかかわらず、自分達は儲かるように私腹を肥やす考え方なんだからね。
いい加減、その有り余る金に満足して、もう、「ほどほど」でもいんじゃないかと思うけどね。

大体、金持ちほど、募金やボランティア活動などしやしない。
金を貯めることを趣味にしているんだから、そりゃ金は貯まるはずだ。
金を貯める器量はあっても、使う勇気がないので、金を持ってニヤけているだけだろう。
たまに使うとしたら、顔を隠して風俗か女遊びか、街中で高級車を乗り回して悦に入ることぐらいしか、思い浮かばないのだと思う。
そういう人に限って、デフレを喜んで、実は自分で稼いだ金ではなかったりするもんだ。

皮肉なもので昔から、金のある人ほど金は使わないと言われている。
反対に庶民感覚な人ほど、金を使うと言われているが、これは本当のことだと思う。
自己投資(前向きな借入金や人間構築)をしない人には、つまらない奴が多いのも事実だ。

消費税の増税が問われているが、優先は、『金を使わない日本の暗い金持ち』から取るべきだ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

また会えてうれしいよ

今夏、小中高校時代を通して、旧知の友人や後輩達が店へ訪ねに来てくれた。
遠くは35年ぶり、近くても28年ぶりに会った、旧友らと再会して過去に重みを感じた。

昔から同窓会や部活のOB会から、知らせが届いても断っていた。
封印したい過去がある訳ではないが、その昔話に浸るのが性に合わなかった。
だが、今はずいぶん変わったと思う。

男は40歳を過ぎる頃、見える社会は広がるどころか、逆に狭くなっていくものだ。
日常の行動範囲は限られてくるし、今更どこかの街へ移り住もうとは思わなくなるからだ。
そして、何よりも人づき合いが職場関係に、凝り固まってくるからであろう。

特に職場の人間関係は、絆があるように思えても、所詮は職場の枠内でしかない。
人情的に割り切れないかも知れないが、裏を返せば、排他的な性質を隠し持っている人間や、策略的に接近をしてくる人間も多い。
そうなると、誠実な人間関係は、どこにあるのだろうか?

私は利害関係のなかった、学生時代に安らぎがあることを知った。
会っても仕事の話などせず、会社や立場も関係なく、呼び捨てやあだ名で呼びあえる関係に戻れる。
あの時代、確かに仲間内で、自分が存在していたことを実感できるのだ。
それは誰もが、自分自身を見失いたくない、証なのではないだろうか。
誰だって、独りぼっちは嫌だろうし、昔のように気が合う仲間とつるんでいたい訳だ。
そう思うと、人は誰かに語られたいし、自分を語ってくれる人のもとへ行くのかもしれないね。

そんなことを記していたら、急に奴と会いたくなってきた。  …明日、電話してみよう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

おそるべし…噛みつき猿

静岡県の住宅街で凶暴な猿が“噛みつき”という、恐るべき荒技で人間を襲っているという。

人間は動物の野生本能を前にして、素手では挑めない弱い存在だ。
それは道具で野生動物を支配してきたのだから、丸腰になれば弱いに決まっている。
だいたい猿に“人間は弱い”と思わせた、最初に出会った人が、毅然な態度を取らなかったからだ。
そりゃ、女性や子供、老人なら見方は別だが、大人相手に逃げずに向かってくるんだからね。
しかも、人間のテリトリ−で暴れているんだから、そりゃもう大したお猿さんである。

それこそ、集音マイクでお猿さんに「キレましたか?」と聞いてみたらいい。
そしたら、「キレてませんよ。猿の俺様をキラしたら、大したもんだよ」と答えちゃったりしてね。
まぁ、それだけ人間がなめられている証拠だが、そりゃわれわれ人間も黙ってはいられない。
地球はやがて猿に支配されて、猿の惑星と化すのを阻止すべく行動に出るのだ。

そうだ、人類を代表して、元FMWのレスラ−大仁田厚さんに、噛みつき猿と戦ってもらおうではないか。
名づけて、【有刺鉄線・電流ファンキ−モンキ−・爆破マッチ】じゃ、ファイヤ−! 
特別レフリ−は“ハマコ−”こと、浜田幸一先生に裁いてもらおうぜ。

わちゃ〜、また話が大きく脱線してしもうた …今日はここまで、ファイヤ−!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

ザ・プロレスト−ク VOL.5

今朝、変な夢を見たので、活字に記しておくことにした。

私はなぜか、黒のロングタイツ姿で、リングのコ−ナ−ポストの上に立っていた。
リング上では、ドラゴン藤波がジャイアント馬場に、サソリ固めをかけていた。
すると突然、木村健吾が稲妻レッグラリア−トを藤波に浴びせて、場外に吹っ飛ばした。
リング下で待ち構えていた、維新軍の長州力や寺西勇らが、怒涛のストンピングの嵐を叩き込む。
放送席では山本小鉄が意味不明な解説をしていると、入場通路から元日本相撲協会の外部理事だった内舘牧子が走ってきて、いきなり口から大蛇を吐いた。
その大蛇が藤波の首に巻きついて苦しがる後ろから、半ケツ姿のディック・マ−ドックが羽交い絞めにして、星野勘太郎が私に「飛べ〜」と叫ぶ。
何が起こっているのかわからないまま、私は指示通り藤波めがけて、フライングボディアタックを「スカイ・ハイ」と叫んで飛んだものの、二人に避けられて顔面をマットに打ち付けて失神。
なのに、ミスタ−高橋がしゃしゃり出てきて、カウント2.99で止める。
その判定をめぐり、デビル雅美とバイソン木村が取っ組み合っていた…(で、わしゃどうなったんだ)。

なんじゃこりゃ〜、夢の登場人物が多すぎ濃すぎ。
それは新潟のオヤジレスラ−を集めて、“万代プロレス”を旗揚げせいと、何かのお告げなんじゃろか?
それとも、プロレスト−クに飢えているのじゃろか?

誰か、夢占いできる人はいないじゃろか? 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

脳死肝臓移植について

脳死肝臓移植をめぐって、本人の生前意思が確認されないまま、決断を迫られた家族が相次いだ。
いずれも家族の同意を得た上で、無事に移植手術は成功したという。
その新聞記事を読んで、あるお客の体験と言葉を思い出した。

現在45歳の彼は、20年前の25歳の時、胃がんで父親を若くして亡くした。
それまで手術が繰り返され、術後の傷跡も生々しかったと聞く。
医師からは、「親御さんのご遺体を医学のために解剖させて頂きたい」と、神妙な申入れもあった。
だが、長男である彼の決断は、「もうこれ以上、父親の身体を切り刻むことはやめてほしい」と断った。
私もその年齢であれば、きっと同じことを言ったであろう。

当時の彼に課せられた決断は衝撃的だったと思うし、その苦悩たる心情は痛いほどわかる。
男親は気質上、「煮るなり焼くなり、海にでも散骨してくれ」と言いがちである。
だが、それが自分の肉親であれば、五体満足な姿で見送って、喪に服したいと思うだろう。
脳死判定といえども、本人と家族の意向が相成ることは、情緒的に難しいことを改めて知らされた時事問題である。
それを自分の死に置き換えた場合、ドナ−として提供する意思があることは明示しておくが、その決断は愛する人に任せる。

最終的には家族の意思を尊重すべきだと思う。

昨晩、彼から同意を得た上で記させてもらった。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

にわかファンよ大いに語れ

私は野球に限らず、スポ−ツは気まぐれ程度に見ている。

「おいおい、さんざん講釈をたれまくっていたおまえが何を言ってるのだ」と思われてしまうが、まあ私の話を聞いてほしい。

21日、全国高校野球の決勝戦は13対1の大差で、沖縄県の興南高校が優勝した。
その生中継を見ながら、勝負の行方が大筋で見えた6回裏途中、テレビを消したのが答えである。
野球ファンなら、試合展開や攻守の技術など、内容そのものも楽しむであろう。
だが、そうとしない私は大味の“にわかファン”なのだ。
だいたい、私の野球観は実戦知らずで、“王や長嶋に憧れた野球少年”のようなものだ。
それが証拠に野球理論は鈍く、情緒的に見ているのに等しい。

そのくせ、実戦経験のある柔道など、逆に最後まで寡黙に人を寄せ付けずに見入ってしまう。
柔道を見終わったあと疲れるのは、肉体の記憶が蘇えり、瞬間で全身に力が加わるからだろう。

その意味では、実戦知らずの会話の中にこそ、誰もが加われる大衆娯楽がある。
大衆という底辺が大きく動いていれば、強い競技と化していくはず。
だから、気まぐれな“にわかファン”も必要なのだ。

いゃ、いっ〜や、今日もなまらあっちぇねぇ… ヨッシャ、銭湯に行ってくるワ! …(´`)/~  
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

新潟は杉の木と男は育たない?

明訓高校の甲子園での善戦ぶりを見て、新潟大会の決勝戦を観に行った甲斐があったというもんだ。

それは誰もが書くことだが、近年の新潟は確実に強くなっている。
それまでは弱さに加えて、「甲子園出場が青春の思い出切符なのか…」と冷めていた。
同じ高校球児を相手に、強豪校との意識の差は何だったのか。 (2009.8.25.参照)
この際、原因を選手にするつもりはなく、問題意識は周辺環境にあったと思う。

負けたけど頑張ったで、敗因を探ろうとはしない。
勝てば勝ったで、「すごいぞ新潟」で、煽ってハイおしまい。
ノ−天気な小さな感動癖は、もうたくさんだった。
ハッキリ言って、新潟県の男は母性愛に甘えているのかもしれない。
母性的な表現は、女性に任せておけばいいのであり、男に必要なのは父性である。

いい加減な試合や練習をしていたら、ガツンとしかるべき感情表現をする。
その場を離れていても、まるでその場にいるかのように、強烈なオ−ラがある指導者が不足していた。
男の指導者が女の目線で選手を見守ろうとしているのは、自分可愛さからの考えであり、強さには全く関係のないことだ。
男なら男の目線で選手を育て上げる姿勢こそが、強くなるための絶対条件であろう。

それが【巨人の星】主人公・飛雄馬の父・一徹であり、女は木の陰から見守る姉・明子でいいんだ。
明子役になりたがる母性男が、勝負の足を引っ張ってしまうのだ。
仕事でも勝負でも大切なのは、指導者としての父性の在り方だと思う。

新潟県の言い伝えで、「新潟は杉の木と男の子は育たない」というではないか!
そんな不名誉な男の言い伝えは、もう返上しなければいけない頃である。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

温泉酒場 夜霧の朝子

休日の昼から、のんびりと銭湯で汗を流してきた。

帰り際、番台で某署名をお願いされたので筆を走らせた。
署名欄の一行上を見ると遠い昔、付き合った女と同姓同名の署名があり、しかも達筆ぶりも当時のまま似ていた。
ということは、数分前まで壁一枚隔てた脱衣場で、お互いが素っ裸で過ごしていたというのか。
おいおい、それが本当ならば、何という偶然のすれ違い。
しかも、名字がそのままであることから、「今、独身なのか…」と思い、住所もほど近く、建物名が昭和の木造アパ−トを漂わせる<〇〇荘>ときている。
もう何十年も前に別れた女に、いったい何があったのかと思いながら、年齢の欄を見てひっくり返った。

[69歳]   ええ加減にせえ!

昔、付き合っていた女の消息を探るような真似はしないが、男なら誰でも「アイツ、幸せにしてんのかな…」と思うだろう。
もしかして今頃、悪い男にひっかかり、心身ボロボロにされて、たどり着いた場所は、小さな温泉街にあるカラオケスナック。
源氏名は「久江」だな…店名は「朝子」。  うん…温泉酒場 【夜霧の朝子】。 (セット料金¥3.000)
その温泉街に会社の慰安旅行でやってきたのは、昔の彼氏だった「棚橋 勝」。
浴衣姿で偶然その店に入ると、昔の女が静かに微笑んで水割りを作っていた。
そして、棚橋はそのまま女の連れ子とともに、その温泉街で人知れずひっそりと住むことに決めた。
う〜ん、いいねぇ、いい物語ではないか!

男なんて、いくつになっても頭の中では、訳のわからないことを考えて遊んでいる、永遠のガキなんだ。
女にはわかるかな? わかんねえだろうな! イェ−イ (^о^)v
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

何がオヤジ狩りだ

13日、東京都内を駆け回っていた猿が10日ぶりに捕獲された。
同日、東京都内の居酒屋で俗称“おやじ狩り”を企て、強盗傷害で高校生5人が逮捕された。

標的になるのは、弱々しいおやじと相場は決まっている。
冷や水を浴びせるようなことを言うが、高校生にナメられたのだ。
何も腕力に限らず、「このおやじはやめた方がいい」と、思われるくらいの迫力は必要かと思う。
そこで、さきほどのお猿さんの登場である。

以前、動物は本能で相手が強いか弱いかを一瞬で判断すると記した。
日光では、野生の猿が観光客の食べ物を狙って襲う被害が後を絶たず、猿も人間を見て標的を判断し、威嚇に臆した人間には容赦しないらしい。
そこで提案だが、自分のオ−ラを確かめる方法として、果物やお菓子を持って、猿が生息する日光街道を歩いてみればいい。
追い払えれることができれば、毅然とした迫力がある証拠であろう。
だが、猿にもナメられるようでは、少し情けないのかもしれない。

本能で襲ってくる野性の猿を相手に、自分の荒っぽい部分を試すのもいいかも。
猿が無理ならお化け屋敷に全裸で入り、キン○○が縮み上がらないか試す…もっと無理か!

「逃げるが勝ち」という言葉もある。
私は道端でチワワに“キャン”と吠えられたら、「ヒョエ−」(高音)と叫んで一目散に逃げるね。
“チワワにケンカを売られて買うバカはどこにいる” という話であり、それも立派な答えである。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

日傘の女とサングラス男

厳しい暑さが続く中、寝起きが蒸し鶏状態である。

シャワ−で体に刺激を与えて、アイスコ−ヒ−で水分補給し、新聞で広く情報を得ておく。
それから軽装に着替えて、用事に出かけることが多い。

今夏、肘まである手袋や帽子を目深にかぶり、UV対策を万全にしている女性を多く見かける。
そんな中、黒のビニ−ル傘を日傘の代用にして、交差点に立ちつくす不思議なおばさんを見かけた。
代用というよりも、そもそも日傘の役割を果たしているのか疑問である。
さては、私だけが知らない最新のUV対策であろうか。
それか、ジワジワと日焼けして、ト−ストマダムにでもなろうというのか。
この暑さのせいか、謎が謎を呼ぶ、なぞなぞの不思議な謎の人も多い気がする。

その夜、帰宅途中に東大通へ差し掛かると、深夜なのに若い男がアロハシャツに黒いサングラスをかけて、スタスタと歩いている姿を目撃した。
電柱にぶつからなければいいが、警察からは職務質問はされるだろうな。

今年の夏は、総じて何かが違うゾ …でも、その瞬間は愛しく思うけどね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

深夜のカラオケ大会

8日、楽しい夜を過ごした。

花火を鑑賞後、知人のダイニングバ−で友人と合流し、会話の勢いからカラオケ店に行った。
3人で採点機能をつけて、全39曲を酔って熱唱し、採点上位のセットリストを記しておいた。
 (それにしても、酔いながらメモしているところが凄いと思う…)

【45歳/男性Y】 (AV・82点) 2位
@春 雷 85点 (ふきのとう)
Aギザギザハ−トの子守唄 82点 (チェッカ−ズ)
B熱視線 81点 (安全地帯)
Cガラスのジェネレ−ション 81点 (佐野元春)
D海 雪 81点 (ジェロ)  

【年齢不詳/女性】 (AV・87点) 1位
@飾りじゃないのよ涙は 89点 (中森明菜) 最高得点
A地上の星 88点 (中島みゆき)
Bはがゆい唇 87点 (高橋真梨子)
C想い出は美しすぎて 85点 (八神純子)
Dブル− 84点 (渡辺真知子)

【45歳/男性私】 (AV・76点) ゲッポ!
@サクセス 80点 (ダウンタウンブギウギバンド)
A共犯者 77点 (矢沢永吉)
B戦士の休息 75点 (町田義人)
Cメリ−・ゴ−・ランド 74点 (堺 正章)
Dネバ−・マイ・ラブ 74点 (つのだひろ)  

最低点(最下位)45歳/男性私  
 美しき狼たち 62点 (おぼたけし)  ウ〜 お恥かしい…

カラオケなんか、もう二度と歌うもんか !
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

ザ・コ−ヴ (1)

言論表現の自由をめぐって物議の多い、ドキュメンタリ−映画 【ザ・コ−ヴ】(2009年/米国) の初日上映を新潟シネ・ウインドで鑑賞してきた。

こういう作品ほど、見てから発言しなければならないと思っている。
個人的な意見なので、いかように受け取られることは自由だが、議論が目的ではないので、反論意見は勘弁してほしい。

映画は動物愛護の精神から、イルカ漁にとどまらずに捕鯨問題まで批判しているものの、人間は動物の命を殺めなければ生きていけない。
単純に「かわいそう」で同調するのでなく、その国や土地の食文化もあり、一概には否定できない。
伝え方に作り込み過ぎた印象はあったが、理想と現実が混沌としているので、感情論理に流された見方は避けたいところである。
イルカショ−だけを見てきた人には酷だが、動物を殺めて生きている現実を語り継がず、正論だけを持ち出して、“やさしさかぶれ”すると、これはちょっと教育上まずいかなと思った。

上映終了後、入口付近で某テレビ局から取材を受けた。
 Q 「映画を見た感想はいかがでしたか?」
 A 「単純に、“かわいそう”で、同調できる映画ではありませんでした」
 Q 「捕鯨問題は賛成ですか、反対ですか?」
 A 「(唐突な質問に) まだ、頭の整理がついていませんので…」

しかし、命を殺めるにしても、極力残酷さをともなわない、適切な処理方法はないものか…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

それは何の勝負服だ

3日、万代のユニクロに下着代わりのTシャツを買いに行った。
店内は若者を中心に、低価格で高品質な衣類を大量に買い揃えている光景を見て、“本当に着るのかな…”と思わせた。

私が高校生だった頃、ここまで価格が安くて品質も良く、品揃えも豊富ではなかった。
だから、上下一着セットを買い揃える時には、女の子とデ−トしている自分をイメ−ジして、こずかいの範囲で緊張と気合を込めて買った。
その結果、上はロッド・スチュア−トばりの豹柄シャツ、下は横浜銀蝿のような白のラッパズボン。
靴は予算の都合で、生協で購入したビ−チサンダル…我慢も必要だ。
下着は脱ぐことも妄想し、黒のブリ−フでセクシ−さをアピ−ルする作戦。
香水は母ちゃんのを失敬して、踊りながら大量にシュッシュ、シュッシュ…。
当時は我ながら、どないなセンスしていたのか不思議だが、思春期とはこんなものである。

そして、渾身込めた衣装に身を固めて古町デ−トに出かけるが、離れて歩かれるワ、急な仮病を使われて逃げられるワ、黒いブリ−フを脱ぐまでもなかった。
仮病だよ 仮病! 普通こんな手使うか! …そう、見た目がダサ過ぎた。
洋服に気合を込め過ぎたのは、そう簡単には買い揃えられないから、時の芸能人をイメ−ジして、意識が大げさになってしまうのだ。
それこそ、矢沢永吉ばりに革ジャンでビシッとキメるが、こずかいの都合で、髪型だけは七三のまんまのニセモノ野郎も多かった。
逆に女の子でも、髪型は聖子ちゃんカットだけど、着てる服はピンポンパンに出てくる、体操のお姉さんの恰好だったりしていた。

昔の若者は「男はスカジャン」「俺はアロハ」だと、こだわりがあったが、今の若者はク−ルでスマ−トに着こなす、ファッションセンスが実にカッコイイよな。
だが、「これが俺の勝負服だ」という、気迫あるファッション個性を感じさせなくなったのは、少し残念な気がする。

そんな視点で今日も万代界隈を、何気にウォッチングしているこの頃。
いゃ−、それにしても、毎日あっちぇねぇ …(´`)/~
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

菊次郎の夏

子供の頃、勉強以外のことを教えてくれる大人が好きだった。

そんな私が、小学生の夏休みをテ−マにお薦めする映画が 【菊次郎の夏】(1999年/日本)だ。
あまりに有名な作品なので、物語や解説は省くが、夏休みになると“絵日記に描きたくなるおじさん”が現れたものである。

草野球をしていると、突然「それじゃ、ダメだ、ダメだ」と叫びながら、いきなりノックを打ち始める、どこの誰かも知らない変なおじさん。
近所で変わり者と評判だが、実は釣りの名人であったり、ヌンチャクの使い手だったり、意外性のあるおじさんが多かった。
あそこの人と付き合ってはいけないと聞かされたが、子供の感性は大人とは異なっていた。
机上の教育を語る大人よりも、少しドジで間抜けだが、真剣に遊んでくれた大人に心を開いたものだ。
“夏休みだけのおじさん” …新潟の下町にも、そんなおじさんがいた。

北野たけし演じる菊次郎は、教養は低いが寂しがり屋で情に厚く、昔気質な人柄を好演している。
テ−マ音楽もシンプルな旋律の繰り返しが、遠く幼い記憶を近いものに仕上げている名曲である。

今日から8月 「夏」 真っ盛り …ふと見たくなるのが 【菊次郎の夏】だ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする