2010年07月01日

NEVER GIVE UP  JAPAN

サッカ−日本代表が、パラグアイに敗れて一夜明けた。

W杯開幕直前、マスコミはマイナスになるようなスト−リ−を描き、サポ−タ−の一部は否定的な言葉で野次った。
選手団も人の子で、愛情ある厳しい意見は鍛えられるが、無神経な暴言には陰で心を痛めたはずだ。
それでも腐らず、チ−ム内で誰一人として孤立に追い込むことなく、結束力を見せつけた。
そう思わせたのが、最後のPK戦で肩を組み合い立膝ながら、日本の所作である正座した場面だ。
それは覚悟を決めた“男達の絆”の表れであり、日本人として武道の精神を体現したように思えた。

それまではネ−ミング(サムライジャパン)だけが、バカ騒ぎの中で独り歩きしていたが、ようやく胸を張れるだけの“硬派な日本”(闘志)を取り戻した気がする。
世界の強豪国相手に、真向から怯まない覚悟と態度で、最後まで勇敢な戦いを見せたんだからね。

短絡的な感動癖を持つ者や、安っぽい感動はちまたに多く存在するが、私が感じたのは感覚が激する “感激” の方だ。
また4年後“にわかファン”になって、“偽者カメル−ンさん?”と一緒に見たいね。

だが、浮かれてはいけない …日本はト−ナメント1回戦負けだ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする