2010年07月30日

屋上ビアガ−デン

今年は連日の暑さで、屋上ビアガ−デンが大盛況らしい。
自身、一昨年は東映ホテル、昨年はホテルオ−クラを利用したが、どちらも雨の集いになってしまった。

屋上ビアガ−デンと言えば、どんな雰囲気を思い浮かべるだろうか。
私は屋上に張り巡らされた、色鮮やかな提灯のある風景から思いは始まる。
特設ステ−ジでは、フィリピンダンサ−による歌と踊りに魅せられ、時にはチャモロ人による、ファイヤ−ダンスにインド人もビックリ!
余興のカラオケでは、定番“星降る街角”を「I WANT YOU 」と叫びながら、調子外れに歌うおじさん。
ある日はレコ−ドの新曲発表で、地方にドサ周りに来ている新人演歌歌手の登場。
客席から気前よく声援は送るが、レコ−ド(テ−プ)を売りに回って来られると、急にその場から立ち去る、調子がいいだけのおやじさん。
またある日、「宴たけなわでありますが…」の決まり挨拶の後、“万歳三唱”で締める謎の会社軍団。
若い頃、生ジョッキを片手に“ショ−をウリにしたビアガ−デン”を楽しんだ。

また、屋上ビアガ−デンは、体育会系のスポ−ツ感覚にも似ていた。
それは、誰かが何かの役割(ビ−ル係:枝豆係:焼鳥係など)を担いながら、若手ほどフットワ−クも軽く忠実に動き回ったものだ。
その飲み方は豪快でありながら、若気の至りでつぶれる人間も続出し、振り返れば浅ましかったと思う。

今は少人数の個人主義が多く、好きな飲み物で勝手に乾杯し、小声でボソボソ「美味いだ、不味いだ」と格付けをしているように感じる。
そういう奴には、「おまえは覆面調査員か」と、ヘッドロックをかけたくなる。
きれいな星空の下、もう少しカラッと爽やかに過ごせないのかな。
今も昔も変わらないのは、屋上ビアガ−デンは大衆に好まれている、夏の風物であることだ。

今年は気分を変えて、海の家で夕日を見ながら、夏の終わりを静かにしゃれ込みたいと思っている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

8月のお知らせ

 8月 定休日 
   1日(日) 8日(日) 15日(日) 16日(月)  22日 (日)
 
< 15日 (日)〜16日(月) お盆休暇とさせていただきます >
< 29日(日) 日曜営業 深夜1:00 >

 住所   新潟市中央区東大通2−9−5
 電話   025−247−1644
 営業時間 19:00→深夜3:00
 定休日  日曜日 (祝前日営業/月末日曜は営業)

 徒然なるままに…

28日、友人と県立野球場へ、高校野球新潟大会の決勝戦をバックネット裏で観戦してきた。
試合結果は、新潟明訓が日本文理を11-6で破り、甲子園出場を決めた。

友人の彼は、82年新潟大会の決勝まで勝ち進んだ高校球児だが、28年ぶりに見た決勝戦の景色は、どのように映っていたのだろうか…。
「まだ、俺らの青春は終わっちゃいない」と思いながら、若い女性と話す時“お父さんの年齢”をクイックモ−ションで、牽制球のように聞いてしまうのはなぜなんだ?

そこに哀しくも愛しい“男の本音”があるのかも知れない…。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

泉田知事…そりゃ違うって

私は自他共に認める大相撲ファンであるが、今回の新潟県泉田知事の判断は間違っている。

新潟県は大相撲名古屋場所の優勝力士に「今後の再生を期待する」として、米十俵を進呈した。
日本の国技を浄化する為、断腸の思いで荒療治しているのに、一体どういう了見なのだ。
新潟県は経済誘致や興行誘致など、積極的に伏線を張りめぐらしていることは評価する。
だが、国技に反省と改善を要するこのタイミングで、このパフォ−マンスは感心できない。
それとも、村山理事長代行が新潟県出身という理由からか。
現状を正確に把握していると言うのであれば、“時津風部屋暴行死亡事件”を忘れたのではあるまい。

今から三年前、名古屋場所直前におきた、あの県人力士の痛ましい事件は覚えてるだろう。
家族の心中を察すれば、なぜ三回忌となる名古屋場所なのか、心情的な理解に苦しむ。
新潟県知事は配慮が足りないばかりか、周囲は誰も進言できない烏合の衆なのか。
新潟県民として慎み深さを失った、みっともない真似はやめてもらいたかった。

加えて、もう一点。
巨額の内部留保金を蓄えている、財団法人にそこまでやる必要はない。
今は真の再生の為、徹底的に膿を出し切ることに尽力している時である。
手を差し伸べる方法を間違えてはならない。

久し振りに朝刊を破り捨てた。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

いじめ問題(1)

少年期に痛みや辛さを経験すれば、少しは他人を理解できるようになると思う。

日中の強い日差しが西に傾いた頃、日陰になる裏道を選んで自転車を走らせていた。
すると途中、静かな遊歩道に差しかかると、三人組の少年が一人を取り囲むようにしていた。
くだらんガキの喧嘩かと思い、1度は通り過ぎたものの、その様子が少し気になり引き返した。
どうやら、連中は一人に下半身の露出を強要しているようだ。 (思春期によくある男のいじめだ)

割り入ることはせず、側のベンチに自転車を止めて腰をかけて、黙ってその様子をにらみつけた。
連中はこちらの視線に気づき、しばらくすると何事もなかったように、その場から放れていった。
シラケたと思うので、今日のところは場所を変えてまで、その子をいじめることはないだろう。
よほどタチの悪いガキではない限り、この程度の威嚇で充分である。

社会が、「いじめをなくそう」とスロ−ガンを掲げるのはいい。
だが、人間の本質を知っていれば、社会からいじめがなくなることなどありえない。
まして、大人になれば子供のいじめとは比較にならないほど、巧妙で手が込んだことをしてくる。
そういう、現実も知識として教えておくべきであろう。

ダメなのは、「いじめを何とかしろ」と言うだけで、自分では何もしようとしない奴ら。
何も言わないのはもっと最悪だが、本気でそう思うのであれば、小さくても参加するだろう。

子供はそんな大人のきれいごとを見抜いているのだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ひと夏の恋人 小野リサ

近年、夏になると小野リサ (ボサノバ歌手) を聴きたくなる。

彼女の透明感ある歌声を聴いていると、まるで 「ひと夏の恋人」 に癒されている気分になる。

90年、新宿で初めて彼女のライブを聴いた時、軽やかで澄んだ印象を持った。
正直なところ、声量のなさとブ−ムに後押しされたシンガ−に思え、以後は気に留めなかった。
背景には、「セルジオ・メンデス」 のスタイルが色濃く、彼女の静かな魅力に気づかなかった。

ボサノバは、そよ風に乗った囁きの音楽なので、構えて聴くものではない。
澄んだ歌声と優しい演奏に心を任せ、パステルカラ−の風景を思い浮かべながら、清涼感に浸れるのが一番の魅力であろう。

うだる暑さと仕事から解放された後、さりげなく耳にしたくなるのが彼女の歌声。
サマ−ジャズもいいが、ボサノバを流している、今日この頃。
たまには、やすらぎ提で一人寝転んで、小野リサを聴きながら、風に吹かれてみたいなあ。

推薦盤 2007年 「イパネマ」  (アントニオ・カルロス・ジョビン トリビュ−トライブ盤) 
名曲 「おいしい水」 を軽快に歌い上げた彼女は、心からジョビンのことを愛していたんだね。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

傘に頼らない歩き方

梅雨時は足早となり、商売に微妙な影響を及ぼしてしまう。

昔から、雨が降ったら家に真っ直ぐ帰るのは優等生タイプが多かった。
それこそ、雨の日には外出しない発想と同じである。

小学生の頃、下校前に雨が降ると同級生の母親らが、傘を持って校門前に迎えに来る。
裕福な家庭の子であれば、自家用車が校門に横付けとなる。
雨の校門で、そんな光景を見ながら、少し寂しい気持ちになった。
子供心に迎えに来てくれる、母親らの姿が羨ましかったのだ。
校門から一人また一人と帰り、取り残されてしまうのは、いつも決まった鍵っ子だった。
何も愛情の問題ではなく、共働きで迎えに来れないことくらいは、みんながわかっていた。
だから雨の中、ずぶ濡れになりながらも、みんなで走って帰ったものだ。

そんな経験からか、大人の今でも小雨程度なら傘をささず、濡れて帰ることぐらいは平気だ。
その代わり、玄関で相方に説教されるが、「男のロマンじゃい」など言っても分かるはずない?。
現在、日本の景気はどしゃぶりと言われている。
だが、傘がなければ小雨の街を歩けない男は、それこそ軟弱化の表れではないか。
まあ、カツラでも被っているのであれば話は別だが…。

小雨模様の夜、傘はいらない言って歩いて帰ったお客の後ろ姿を見て、底知れぬたくましさを感じた。
来年、その人は新潟で有名人となる …かも?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

にわかファンの妄想会見

サッカ−W杯決勝カ−ドは順当な予想で12日“オランダ−スペイン戦”が実現する。

どちらも強烈なアドレナリンを放出しているチ−ムだけに相手には不足がないだろう。
取分け、得点王同士のスナイダ−(オランダ)とピニャ(スペイン)のストライカ−対決は見所である。
日本は心情的にオランダを応援する声が高いが、勝負の行方だけは今話題の“予言タコ”のみぞ知る。

さて、店の“にわかファン”を代表して妄想を語る。
  <12日にオランダがW杯優勝して、監督が記者会見でこうコメントしたら…>

 記者.今大会を振り返り、一番手強く危なかったゲ−ムはどこのチ−ムでしたか?
 監督.(何のためらいもなく即答した) 予選E組第2戦…日本だった。
 記者.(場内が一瞬ざわめく) 実質的に世界で二番目に強い国だったかも知れないと? 
 監督.そうだ… あんたスポ−ツ記者を何年やってるの?
 記者.かれこれ十数年ほどになりますが。
 監督.そのわりに鼻の効かない記者だな。 ゲラアウト!

翌日の新聞の見出しでは…
 【4年後のW杯で両国が同じ決勝のピッチに立つ可能性は極めて高くなってきた】
“フィクション”でも、そんな発言と見出しを見てみたいよね。

今後のサッカ−日本代表に期待することは、今回の“ドキュメンタリ−”を4年後どう活かすかである。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

子供は外に出て遊べ

地域主催の夏まつりを目にするようになり、いよいよ夏本番を感じた。

私達の少年期は近所で夜店が並ぶと、夕飯もそこそこに小銭を握り締めて走った。
まるで、我が町にサ−カスが来たような感覚だったが、何もそれだけではない。
まつりに行けば“誰かに会えるような期待感”があったからだ。
それはまつりだけに限らず、近所の公園や浜辺、駄菓子屋など、取り合えず友達がいそうな場所へ行ったりしたものだ。

現代は携帯電話の利便性が人との接触を選択的にしてしまったが、私達の頃は会いたい人だけではなく、会いたくない人との接触もそこらじゅうにあった。
それこそ、夜店で素行の悪い上級生からカツアゲされそうになり、取っ組み合いのケンカになったり、同級生の母親と会ったので挨拶をしたり、地域社会を知るための通過点のようだった。
つまり、微妙な緊張感の中でコミュニケ−ションをして、人との交わり方を学んだと思っている。

その意味で子供はもっと外に出て遊び、人と交わる経験をするのが社会訓練になると思う。
最近の親は心配性も多いようだが、子供を社会と対話させてみることも、親の器量ではないだろうか。

だが、大人同士でも挨拶は愚か、生身のつきあいをできない大人が増えてきた。
それこそ外に出ないから、人との間合いの取り方や接し方がわからないのかも知れないね。

人間は生身のつきあいをしなくなったらダメになる。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

7月のお知らせ

 7月 定休日 
   4日(日) 11日(日) 19日(月/祝)
 
< 18日(日) 連休前日につき通常営業 >
< 25日(日) 日曜営業 深夜1:00 >

 住所   新潟市中央区東大通2−9−5
 電話   025−247−1644
 営業時間 19:00→深夜3:00
 定休日  日曜日 (祝前日営業/月末日曜営業)

(入荷しました)
 ・アマル−ラ クリ−ムリキュ−ル (2010 FIFA 限定ラベル)
                    [協賛 株式会社SEC 新潟]

 徒然なるままに…
 
今年も例によって、夏がすっ飛んでまいりました。
誰も夏の思い出はあると思いますが、私の夏のイメ−ジはアノ、ホラ …(最近は名前が出てこん)
「プ−ルサイドのブル−ハワイ&情熱的な真紅のハイビスカス」
と、いうのは嘘で、え−と …セミの鳴き声と涼しげな風鈴の音色。

その他には…
 ・真っ黒に日焼けした野球小僧と駄菓子屋に集まるガキども。
 ・日陰の縁台でウチワを扇ぎながら涼んでいるおばあちゃん。
 ・銭湯から風呂桶を持って出てくるステテコのおじいちゃん。
 ・巨人戦のナイタ−を見て大声を張り上げているおっちゃん。
 ・夜にソワソワしながらどこかへ出かける隣のおねえちゃん。
 ・浜辺のカップルをめがけてロケット花火を打ち込む悪ガキ。
 ・浜辺のカップルの車を後ろから大きく揺すって逃げるオレ。

今では、こんな場面を見ることもないが、夏の思い出は昭和の香りをプンプンさせてしまいます。
夏の予定? …な−んもありましえん、あっても秘密じゃ。

こうして心の加齢臭を感じながら、45回目の夏が始まるのである。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

NEVER GIVE UP  JAPAN

サッカ−日本代表が、パラグアイに敗れて一夜明けた。

W杯開幕直前、マスコミはマイナスになるようなスト−リ−を描き、サポ−タ−の一部は否定的な言葉で野次った。
選手団も人の子で、愛情ある厳しい意見は鍛えられるが、無神経な暴言には陰で心を痛めたはずだ。
それでも腐らず、チ−ム内で誰一人として孤立に追い込むことなく、結束力を見せつけた。
そう思わせたのが、最後のPK戦で肩を組み合い立膝ながら、日本の所作である正座した場面だ。
それは覚悟を決めた“男達の絆”の表れであり、日本人として武道の精神を体現したように思えた。

それまではネ−ミング(サムライジャパン)だけが、バカ騒ぎの中で独り歩きしていたが、ようやく胸を張れるだけの“硬派な日本”(闘志)を取り戻した気がする。
世界の強豪国相手に、真向から怯まない覚悟と態度で、最後まで勇敢な戦いを見せたんだからね。

短絡的な感動癖を持つ者や、安っぽい感動はちまたに多く存在するが、私が感じたのは感覚が激する “感激” の方だ。
また4年後“にわかファン”になって、“偽者カメル−ンさん?”と一緒に見たいね。

だが、浮かれてはいけない …日本はト−ナメント1回戦負けだ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする