2010年06月24日

フランスは反面教師である

前回、2006年サッカ−W杯ドイツ大会で準優勝したフランスがA組で予選落ちした。

どんなに個人選手の能力が長けていても、チ−ムプレ−の中にあっては、必ずしも結果に結びつくとは言い難い。
加えて、チ−ムの人間関係に欠陥があれば、正常に機能しなくなる。
それは一流選手ほど、身に付けておくべきことだが、思いの他、意識されていないと思われる。
例えば海外でプレ−していた、中村俊輔や稲本潤一などは、ピッチで差別的な言葉や侮辱的な言動を受けた経験があるはずだ。
結果を出さなければ、それはもう手の込んだいじめにつながりかねないであろう。
彼らはそんな差別意識を乗り越えて、世界の一流選手に成長して行った。

そう考えればフランスチ−ムの内紛は、個々に一流の技術を持ち寄ったものの、チ−ムコミュニケ−ションが機能しなかったことが最大の敗因である。
つまり、サッカ−技術は一流だが、人間関係(対人能力)が二流なのだ。
やはり、真の世界トップチ−ムになれるのは、器量と技術に加えて、コミュニケ−ション能力が高いチ−ム(国)であると思える。
そして、少しばかりのユ−モアか。

その意味で、日本はフランスの失態を反面教師にしておくべきだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする