2010年05月22日

シコふんじゃうかも?

最近、おじさん道を自覚するようになった。
たまに見かけないか… 朝の駅ホ−ムやバス停、公園などで、ゴルフの素振りや野球の投球フォ−ムを、真似しているおじさんの姿を?

今日、昼下りの駅前オフィス街の路上でそれは見かけた。
年の功は50歳前後、白のワイシャツの袖をまくり、鼻息をフンフンしながら、『シャド−ボクシング』をしている、元気なおっちゃんサラリ−マンの姿を。
その姿はまるで、会議で提案を却下された怒りなのか、それとも稟議書をはねられた怒りなのか、鬼の形相でハエが止まりそうなパンチを繰り出しているのだ。
私はその人の横を自転車で素通りし、簡単な用件を済ませて、同じ道を引き返すこと約10分。

そしたら、今度は大きなスロ−モ−ションで、『シャド−ボウリング』をしていたのだ (驚)
字ズラは似ているが、このおっちゃんのモチベ−ションはナンジャラホイ。
さっきまで、「具志堅用高」してたのに、今度は、「中山律子」かい!
会社か何かの罰ゲ−ムでも受けているのか?
それとも、土曜の休日出勤が不満で、怒りを表現しているのか?
そんな謎解きをしながら、取り合えずいったん帰宅。

まもなく、テレビの大相撲中継で横綱・白鵬が土俵入りしている場面を見ながら、私も同じようにテレビに向かって、自然に土俵入りの所作を真似していた。
そうかわかったぞ! 気持だけでも、あの頃の自分に戻ろうとしているんだ。
どんな状況でも対応できるよう、軽いウォ−ミングアップをしていたのだ。
あの、おっちゃんの気持が、土俵入りを通じてわかった気がした。

やすらぎ堤の芝生で夕日に向かい、“シコをふんでいる自分の姿”は、そう遠くないかも ヨイショ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする