2010年01月11日

新人類からの伝言

昨年は成人式の報道について、怒り半分で書き殴ったので、今年はおとなしく棒引きしておこう。

某客様のお話によると、人間の精神年齢は実年齢の七掛けらしい。
単純に新成人であれば、29歳でようやく頭が体に追いつくということだろうか。
その根拠は判らないが、ここまでの世事を知れば満更、否定はできないだろう。

それに関連させて、最近10年間で20代の自殺者が急増しているという。
原因や動機はともかく結果として、これからの世代が自殺という短絡的な選択肢に向かってしまうのは、何ともやりきれない。
青春時代が違うので、若者像も違って当然だが、生に対する意識は不変である。
その背景まで語ったらキリがないのでふせるが、無責任に死ぬことは残された者に、どれだけの苦しみを与えるのか考えてみたらいい。
生きていれば、価値観は自然に出来上がってくるものだと思うし、大人という時間を経験せずに、自分の人生を断ち切ることは逃亡でしかないだろう。
かつては、“新人類”と呼ばれた我々世代でも、「真面目なことは恥ずかしがらず、しっかりと伝えていかねば…」と思うようになっている。

哲学めいたことを言うようだが、精神年齢は社会とか人などではなく、自分が創り出すと思うけどね。
posted by GIG at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする