2009年11月30日

内藤大助vs亀田興毅の感想

29日、亀田興毅が内藤大助を3−0の判定で下し世界王座を奪取した。
個人的な気持は内藤陣営にありながら、今回の結果は亀田であることは終始変わらなかった。
解説は有識者に任せるが、内藤は負けない為のボクシングをすることなく、亀田も挑戦者としての使命を全うした。
試合が終わってしまえば、ヒ−ロ−やヒ−ルもなく、あるのは勝者か敗者の称号だけだ。

マスコミは有能なスタ−を仕立て上げるのは上手いが、いざ敗者ともなれば、そこまでのお茶をにごして去っていく。
ファンも熱狂した後は、次のスタ−選手に乗り換える程度かもしれない。
特に若い選手であれば、チヤホヤされて慢心となり、気がついたら試合に負けていたなんてこともあるだろう。
勝者には人は巧みに群がってくるが、敗者へのレベルなどは、そんな程度なのかもしれない。
そうなると、かわいそうとしか言いようがない。

その後の興毅は更に強くなるだろうし、内藤の身の振り方はわからない。
内藤の歩んできた過酷な人生はボクシングによって報われ、私が少し苦々しくさえ感じていたテレビ出演などによって、人脈が広がったかも知れない。
現役を続行否か、その経験も踏まえ、今後は意義のある講演会などの社会貢献も視野にしてたら、その考え方に敬意を表したいね。

内藤大助、敗者であり、敗者ではあらず。
posted by GIG at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

本年の大相撲を統括する

大相撲九州場所は千秋楽を待たずして、白鵬が12回目の優勝を飾り、本日全勝をかけて、朝青龍との取組で本年を締め括ることになった。

本年を振り返ると毎場所、両横綱だけが重責を果たしているこの状態が続いた為、全体がふがいない印象で終わってしまった。
将棋の駒に例えれば、横綱の土俵入りは“王将の風格”を感じさせるが、幕内力士の土俵入りは単にデカイ“歩の大行進”にしか見えないのだ。
知るところによると、大関の給料は約230万、幕内が約130万、十両でも100万は下らないというが、それ以外にも懸賞金やご祝儀、場所手当などの臨時収入も含めれば、待遇面にあぐらをかいていると思われても仕方がないだろう。
その上、しょっぱい相撲ばかり見せられているんだからね…。
特に相撲以外の露出で思うことが、結果を出していない力士が広告塔を理由に、バラエティ−番組で「普段のボクはね…」とキュ−トに演出しているが、その前に“相撲の強さ”で人気をアピ−ルしてほしいよ…いゃホントに!
これらの苦言は、相撲を愛してやまない感受性があると自負しているので、単なる批判ではなくムダに言いっ放しにはしてないはずだ。

来年こそは、強さに対する変化の兆しを期待している。
posted by GIG at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

内藤大助vs亀田興毅を予想

29日、日曜日のスポ−ツ番組を楽しみにしている。
1つは大方の予想通りであろう、大相撲千秋楽の東西両横綱決戦。
もう1つは、ボクシング世界フライ級タイトルマッチの内藤大助vs亀田興毅。
どちらも図式的には、ヒ−ロ−vsヒ−ルなので、理屈抜きに盛り上がることは間違いないだろう。
また、両競技はプロレスみたく勝者が予め決まっている調和の世界とは異なり、純粋に強さを最大の目標にしている点から言えば、リアルファイト=ガチンコである。
大相撲は常に八百長疑惑が付きまとっているが、強さの方向はボクシングと同じなので、ここは色眼鏡をかけずに勝負の行方を楽しみたい。

その注目度が高いボクシングだが、内藤は現役王者でありながら、素人タレントの真似事をやるようになってしまった。
それはテレビ局との関係もあると思うし、今まで知らなかった世界に足を踏み入れたい気持も分からないではないが、肉体がすり減っていることを自覚すれば、引退後でも遅くはないと思うけどね。
まあ、プロである以上、計算されたトレ−ニングを経て、リングインしてくるはずだが、皮肉にも野生的なオ−ラがしぼんでないことを願う。
また、年齢的に長年のダメ−ジが蓄積されている内藤とは違い、亀田ははじけんばかりの無傷な若い肉体を持ち、因縁家族の長男である以上、担う復讐心は想像難しくないだろう。

心情的には内藤陣営だが、直感的な勝負論で言えば亀田興毅だ…また座談会になりそうだ。
posted by GIG at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

地域の経営者マインドについて

新潟大和デパ−トの撤退で生じる、負の連鎖を少しでも食い止めようと、古町繁華街を中心に街中再生が議論されている。
マクロな経緯は報道で知る所だが、ミクロな部分はその地域で商売や生活している人々にしか分からないものである。
20日、第2回街中再生会合で招聘された専門アドバイザ−が、興味深い指摘を残している。
“街の風情を乱しているのは、店主や地主の意識もあるのでは”…報道にならないこともある。

自身も古町繁華街を見続けて感じたことは、街の景観が知らず知らずに壊れていった経緯があった。
夜の街では店が暇だからと言って、本来営業中のはずの店主らがフラフラと道端に出てきては、タバコを吸いながら、暇そうにブラブラと徘徊している姿が日増しに多くなった。
それが何を意味するかと言うと、次第に街の空気がダラけて、繁華街に締まりのない印象を通行客に与えてしまうからだ。
こんな惰性な雰囲気から、静かに街の衰退が始まっていく…。

次に、活性化へ向けて店主同士が意気投合こそするが、次第に“俺様一番”の意識が強すぎて仲違いを始め、当初の目的が機能しなくなることが本当に多い。
それよりも、普段の挨拶や自然体な近所づきあいの方がまだ健全であろう。

そして、他店や地域を中傷誹謗しないことであり、大人の経営者ほど当たり前をわきまえている。

このように、街の風情を乱すのも良くするのも、実は経営者マインドだったりする。
その意味で、他の店があっての自分の店を意識しないと、街全体に悪影響を及ぼすことから、軽々しいことは言えないはずだ。
専門アドバイザ−の意見は、物事は日常の連鎖から始まるのだと指摘していると思う。

古町で大人にしてもらった世代にとって、古町はいつまでも大人の古町であってほしいのだ。
posted by GIG at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

日本の北朝鮮外交について

19日の国連総会で日本と北朝鮮が拉致問題で激論となり、「解決済みだ」と机を叩いて激情した北朝鮮に対し、日本も「ならば納得のいく説明をしろ」と強く応戦したという。
いいぞ、その調子だ、ガンガンやれ!。
恫喝されて、おめおめ引き下がるような国だったら、誇りなど持てやしないからね。

北朝鮮のやり口は最初に相手を威圧で委縮させて優位に立ち、次にやさしさをちらつかせては、また冷たく突き放す画策の繰り返しである。
これは喧嘩慣れしている人間の常套手段であり、女性を食い物にする狡猾な男のやり口にも近い。
一時期、「北朝鮮が無法国家なら、日本は無能国家だな」と思っていたが、報道を知る限りようやく「やる気」を少し感じた。
外交を机上の格闘技に見立てたら、図体のでかい相手には思い切って踏み込んで中で戦えば、そうやすやすとはやられはしない。
今までのような半端な距離と姿勢では解決は難しいであろう。
つまり、ボクシングで知られるインファイトである。
強気な選手が一番苦手とするタイプが、同じく強気な選手であり、その実力が拮抗していたら、頭のいい選手の方が有利に決まっている。
今、日本はその頭脳外交の岐路にあるのではないだろうか。
日米同盟がある限り、北朝鮮は武力外交には踏み切れないし、日本にもその意識はない。
机上の激論は手段であって、目的は横田めぐみさんを筆頭に、多くの拉致被害者の救出である。

数年前、横田夫婦の双子の兄弟が会見で涙ながらに、「いつまで僕達の親を苦しめるのですか…」と、切々に語っていた言葉が耳に残っているが、今日22日は「いい夫婦の日」であり、少しでも横田夫婦の姿を考えてみたらどうだろうか。

そして、日本の国民もサッカ−や野球を応援するくらいのパワ−で関心を向けて欲しいと思う。
posted by GIG at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

ネクタイとス−ツが泣いてるぞ!

この所、硬い話を続けたので、この辺で身近に起きた出来事をひとつご紹介します。

本当に頭のいい人は難しいことをやさしく、やさしいことを深く表現できると言われます。
最近の社会事例なら、裁判員裁判の弁論説明に代表され、身近な生活では、家電量販店で受けられる店員の商品説明がいい例かと思います。

日中、某ホテルのラウンジでコ−ヒ−を飲んで過ごしていると、隣の席から聞こえてくる男の甲高い声が場にそぐわなく、次第に耳障りになってきた。
隣に座った二人の設定は、クリエィティブな自分を意識していると思しき30代前半の男と、デザイナ−ズス−ツをマニュアル通りに着込んだ20代の若者だった。
どこかの広告代理店のような二人が口角を飛ばしながら、マ−ケット理論めいた話を延々と力説し合っており、さっきまで「東京の南青山では…」と言っていたかと思えば、今度は「ニュ−ヨ−クのセントラルパ−クでは…」などと、だんだんと話のスケ−ルが壮大になってきた。
別に聞き耳を立てたわけではなく、いかにも周囲に聞こえよがしに喋るので、いやおうなしに耳に入ってくるのである。
「あちゃ〜、今日はこの席に座ったのが不幸だったな」と思いつつ、読んでいた新聞を四つ折りにたたんで、席を立とうかと思ったら、甲高い声の男が更にワント−ン上げてこう言った。

「…ミッションのモチベ−ションはパッションが重要で、ポジティプに課題をクリア…$%☆∩?」
(カタカナを日本語に修正してお読み下さい)。

私はそのとき椅子から転げ落ちそうになり、大声で「バカヤロ−!」と叫んで、右手に持っていた新聞を丸めて、そいつの頭を思い切り叩…  きたくなった。 終わりダァ−! (怒)
posted by GIG at 03:58| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

忘れるな拉致 11.15県民集会

15日、新潟で横田めぐみさんを救う県民拉致集会が開かれた。
「この命が尽きても娘を連れ帰す」。
…32年間に亘り、悲痛な訴えを続けている横田夫婦には胸が打たれる。

私はめぐみさんと同年齢であり、父の滋さん77歳が愛娘を拉致された時の年齢と同じ45歳になる。
そんな今の年齢から、これから先の32年間の人生において、日本国内を動かすことはもとより、無法国家の北朝鮮を相手に、戦い続けられるだけの体力や気力は保てるだろうか。
正直、グラついて萎えていくだろう。

長年の報道を見ながら、拉致というテロ行為は日本人の誰が被害者になっても、不思議ではなかった。
まして、地元新潟の海岸をオモチャ代わりに遊んでいた同時期、それが自分だったかもしれないと思えば、けして他人事ではいられない。
今の自分には、街角の署名や雀の涙ほどの募金に加えて、この小さなブログを通して関心を訴えることしかできない。
そして、09年2月18日付で書いた通り、拉致問題は時間との戦いであり、北朝鮮に倫理観など期待してないが、それでも日本の威信と誇りをかけて、断固として救出を迫り続けるべきだ。

人命救助に落としどころなんて言葉は存在させてはならない。
posted by GIG at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

ピンクの象を想像しないで下さい

近くの某有名企業にお勤めのM沢氏から聞いた話を紹介します。
社内啓発セミナ−の講師として招いた、元プロ野球選手の話によると、一流選手の思考は似ているらしいのです。
そこで1つの質問に反応して下さい。

「ピンクの象を想像しないで下さい」…ハイ終了。

今、あなたが一瞬思い浮かべたのは、ピンクの象だったのでは?
私もピンクの象であり、大半の人がそうだったと思います。
ピンクの象を想像するなと言われても、既にピンクの象と聞いてしまえば、ピンクの象を思い浮かべてしまいますよね(笑)
例えば、緊張するなと言われると、逆に緊張という言葉が人の心を緊張で支配しますが、リラックスしろと言われれば、人の心をリラックスが支配します。
何を意味するかと言うと、一流選手の思考は緊張という否定型の言葉は認識せず、リラックスという肯定型の言葉を認識する為、ピンクの象ではなく、他の色彩の象をすぐ思い浮かべるらしいのです。
それは一流選手になるほど、肯定的な言葉を認識する習慣が自然と身に付いてくる為、結果に直結しやすくなるのだと思います。
そこで今の世相と似通っていることがあります。

「不景気を想像しないで下さい」

また不景気を想像しましたか…それとも。
人の心を不景気という否定型の言葉が支配してしまい、景気が上向くという肯定型な思考が失われがちとなります。
このように思考の起点は重要であり、思考が変れば行動が変る意味で言えば、今は少し世間が消極的になっているかも知れませんね。
そういう私もピンクの象を想像したひとりとして、考えさせられる部分はあります。
M沢氏の話を聞いて、私なりの解釈も加筆させて頂きましたが、詰まる所「自分はどう生きたいか」が根本的な思考となるのでしょうか。

万事が否定型では充足感は得られない。
posted by GIG at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

市橋容疑者逮捕の報道に思う

10日、殺人容疑で全国指名手配の市橋容疑者が大阪で逮捕された。
後は判例に添ってガッチリ裁かれるだけで、もうこいつのことはどうでもいい。
それよりも腹立たしかったのが、遠慮会釈なしに報道陣が容疑者の両親を、素顔でテレビカメラの前に引っ張り出していたことだ。

古い言い回しだが、子供の問題行動に対して、「親の顔を見たい」と言うが容疑者は30歳である。
確かに親子関係は生涯付きまとうし、子供の姿を見れば親がどのように育て上げたのか、それは如実に映し出す鏡かも知れない。
だからと、「容疑者の親にもその責任を求める」としたら、バカも休み休み言えと言いたい。
今となっては、親にも親の人生があるだろう。
両親の素顔にカメラを向けてコメントさせることに、今時点何の意味があるのか理解に苦しむ。
まずは殺人を犯した、容疑者30歳本人の責任と謝罪償いである。
その上で結果はどうあれ、命懸けで子育てをしてきた親であれば、今後の遺族への謝罪という形はしっかり描いているはずであろう。
それを報道陣が無理矢理、人の不幸に追い討ちを掛けるように、両親の心境に全く配慮が感じられなかったことに強い怒りを覚えた。

報道は国民性を変えるだけの影響力を持っているだけに、甚だ疑問を感じることも多くなってきた。
posted by GIG at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

松田優作 「ダウンタウン・ブル−ス」

♪ Bad city,bad bad city,fat city bad…の軽快なオ−プニング曲で始まる探偵物語。

私立探偵の工藤俊作を演じる、松田優作の意外な一面を知らしめた1話完結型の全37話であり、どこかヨ−ロッパ映画のようなウィット感に溢れ、ペ−ソスな気持にさせられる快作である。
だが、チャ−ミングな工藤ちゃんは36話までで、最終回は真骨頂であるハ−ドボイルドと化す。

「昔、俺にも仲間がいて、そいつが死んだとき…
もう仲間は作るまいと思って、この街に来たのに… なんで殺すんだよ」

暗い過去を背負う工藤を慕ったのは、変わり者扱いされながらも、懸命に生きている街の仲間達だ。
その仲間の命を奪った犯人グル−プ相手に、悲劇をものともせず、単身で復讐に立ち上がる。
そして、捜査線上に容疑者として名を残すこともなく、人知れず復讐を終えた。
だが、心は茫然自失となり、まるで死に場所を探しているかのように、街をさまよっていた。
… 最後は弱々しい暴漢に襲われても、何の抵抗もすることなく、されるがままで静かに死を選んだ。

彼は作品だけでなく、人生もハッピ−エンドにはならなかった。
その瞬間的な閃光は凄まじく、実は松田優作とは、“大都会の幻”だったのではないかと思っている。

今晩、久しぶりにシェリ−酒を飲みたくなった。
posted by GIG at 03:56| Comment(1) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

松田優作をリスペクトする

今日11月6日、松田優作が40歳の若さで世を去り、20年という区切りを迎えた。
生きていれば60歳だった彼は、どんな人生を歩んでいたか知る由はない。

今、なぜ松田優作なのか…?
妻の熊谷美由紀がプロデュ−スした、ドキュメンタリ−映画 「ソウルレッド」
キャッチコピ−「生きているのは、おまえか俺か」
…それは男が男に向けた、強烈なメッセ−ジである。

現代は成熟社会ながら、全般的に幼稚化している傾向にある。
それは、少年の心を忘れない純朴さとか、ユ−モアなどとはこれまた違うのだ。
男が、女性や子供に憧れているとでも言おうか、いつまでも自分探しを続けているような、自愛精神過剰な男が増えているようでならない。
男は歴史上、女性や子供を守ることで認知されてきたことを思えば、行動や思考も違うだろう。

彼を物語っているキャッチコピ−こそ、多くの若者から支持された理由だろう。
「男は男で生きろ」…忘れ去られている、ツッパリ兄ちゃんのシンプルな教訓のように感じる。
彼自身、映画に対する情熱が強過ぎるがゆえ、誤解されたり嫌われたりしたようだが、誰が何と言おうと自分の生き方の筋は通した男だったことは違いないだろう。

彼は映画やドラマを通して“ハ−ドボイルド”という門戸を開いて世の男達を魅了した。
posted by GIG at 15:02| Comment(1) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

11月のお知らせ

11月定休日
1日(日) 8日(日) 15日(日) 23日(月) 29日(日)
<3日(火/祝)・22日(日)営業致します>
営業時間/19:00→深夜3:00 定休日/日曜日
チャ−ジ/お1人様 ¥580 (フィンガ−フ−ド付)

入荷しました。
・メ−カ−ズマ−ク レッド
・響12年
・クア−ズ ライト ロングネック
・シメイ ブル−
・ティオ ペペ (予約済)

お知らせ&ご案内
I.W.HARPER GOLD 安価でボトルキ−プ開始しました。
基本的にキ−プは指定ラベルですが、お好みのラベルがあれば応相談。
すでに一部のお客様は、マイラベルでバックキ−プしており、時間の流れを愉しんでいます。

今年はボジョレ−解禁イベントは実施しませんが、何かご要望があれば尽くさせて頂きます。

独り言…
秋が深まってくると、少し切なくて甘い感じのジャズボ−カルを聞きたくなります。
それは自然に口ずさめて、少しポップな感じであればなおよし。
今年もクリスマスに向けて哀愁を感じる、ティル・ブレナ−の歌声とフリュ−ゲルホ−ンで決まりかな。

どうやら窓の外を見ると、冬がすぐそこまで来ているようですね。
ホットウイスキ−の準備をしてお待ち申し上げます。
posted by GIG at 15:57| Comment(1) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする