2009年10月29日

城島捕手のコメントについて

昨日の新聞で米大リ−グのマリナ−ズを退団した城島捕手が、5年ぶりに日本球界へ復帰した移籍先は、破格な推定年俸を示した阪神であったとの報道は記憶に新しい。
阪神に決めた理由を色眼鏡をかけずに見れば、「一番最初に自分を必要としてくれた」と爽快なコメントが聞けた。

交渉は往々に駆け引きめいたり、他にもっと“好条件を出す所があるのでは”と過剰な期待をしたり、ズルズルと返事を引き延ばしされがちになる。
プロであれば、提示条件に固執するのは当たり前だが、条件を吊り上げる為、複雑にゴネたり、難解な言い回しで煙に巻いたりすることはよくあるパタ−ンだと思う。
それはそれで、成功すれば一斉に崇められて人が近寄って来るが、失敗すれば、「調子に乗るからだ」と手の平を返されて批判が始まる。
また交渉とは、私欲のぶつかり合いだったり、どこか下心を以って笑顔で近づいてくる人間もいるので、猜疑心を持つようにもなるだろう。

そんな中、「一番最初に声をかけてくれたところに行こうと決めていた」のが、正直であれば気持がいいではないか。
その意味でも、本日29日のドラフト会議の目玉選手になっている岩手の花巻東高校・菊池投手はどこであろうと交渉権を獲得した球団に入る姿勢を見せている。

これらの姿勢は自信の表れだと思うし、個人的にこういうシンプルな考えで答えを出す男は好きだ。
posted by GIG at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする