2009年09月27日

朝青龍のガッツポ−ズについて

大相撲秋場所千秋楽、両横綱同士の優勝決定戦の末、見事に朝青龍が右からのすくい投げで24回目の優勝を飾った。
勝ち名乗りを受けた後、観客の声援に対してガッツポ−ズを決めたが、明日には関係各位から苦言が呈され、マスコミからも皮肉られることも間違いないだろう。
先程、それを見た私の率直な意見である。

相撲の魅力は押しなべて勝敗に関わらず、沈黙の美に日本古来の武道の精神が宿っている点にある。
形を挙げるとしたら、藤沢文学に登場してくる“若き青年剣士”の振る舞いを想像すれば分かりやすいだろう。
だが、相撲界は戦う男達の集団でありながら、極めて不自然な沈黙を要求しすぎる傾向に疑問もある。

選手の心理で説明するとすれば、勝敗を決する大一番では“表面張力”を想像してみてほしい。
普通に考えればコップの水はフチよりも上には行かないが、極めた緊張感での表面張力は、限界まで膨らんでしまうものだ。
その緊張の重圧が弾けた瞬間、理屈でない本能の表現となり、自身を止められなくなる時がある。

私も学生柔道時代、絶対に負けられないプレッシャ−の中、運よく勝った試合では、気づいたらガッツポ−ズで雄叫びを上げた経験がある。
だから容認せよではないが、力士としての男の気質も少し理解しておかないと、どこか気味が悪いだけの“沈黙競技”に映ってしまう。
何も無気力相撲や、疑問を抱かせるような相撲をした訳ではないのだからね。

相撲の勝敗は沈黙の美にあるが、時には「見て見ぬふりする沈黙の美」があってもいいと思う。
posted by GIG at 19:09| Comment(1) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

朝青龍から学べることがある

今場所も両横綱対決になるのかな…?
今更、朝青龍の強さを語るまでもない。
特筆したかったのは、凄まじい気迫と強靭な精神面である。

予てから不用意な言動が周囲に反感を買い、横綱審議委員会からは引退勧告された末、ストレスが原因とされる解離性障害と診断されてから2年近く経過した。
常にマスコミからタ−ゲットにされ、心を折られながらも見事に復活を遂げてきた姿は、並大抵な精神力では務まらないだろう。
それを見据える日本人は精神訓話が好きなわりに、復活までの歩みにはさほど関心を示さず、時々の醜態部分だけを取り上げようとする。
…重箱の隅は突くが、重箱全体を見てないように思えてしまうのだ。

確かに彼は勝てば官軍的な発想で、時として傲慢な態度が鼻に付く。
自分の気持に正直に生きているとしても、受け入れる世間はそんなに甘くはない。
だが、そんな異国の環境で復活を遂げた事実は“挫けない精神力”として、素直に見習える部分ではなかろうか。
良くも悪くも、日本人が失いつつある“反骨心”を教えられているようでならない。

そんな理由で、私が好きな力士は横綱・朝青龍であり、また嫌いな力士も横綱・朝青龍である。
そして少しだけ、アントニオ猪木を彷彿させられてしまうのは私だけだろうか。
posted by GIG at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

工藤投手の美学に興味あり

本日の朝刊を見て思った。
15日、プロ野球の横浜ベイスタ−ズ工藤投手が、成績不振を理由に球団から戦力外通告された。
プロの選手は球団が望む結果を出せなければ、契約解除は掟である。
それでも、誇り高き名投手は現役続行を表明し、新たな移籍先を希望しているというではないか。
最高齢投手・工藤公康46歳…この男の美学に興味あり!

工藤は最高にキラめいていた瞬間をファンの目に焼き付けながら、今ではボロボロに這いつくばりながら闘志を見せている。
後の姿を見る限り、彼は人の目を気にしているのではなく、今の自分はこれ位の力しかないが、この力でどうやるべきかを考えているようだ。
これほど実績のある選手であれば、力が衰えるタイミングを見計らい、派手な引退セレモニ−を以って身を引くだろう。
だが、彼は徹底して現役にこだわり続け、場所がどこであろうと完全燃焼して、最後は1人静かに身を引く考えなのかもしれない。
その去就は、同世代を併走した男達の注目を集めているはずだ。

世間はイチロ−の偉大な功績に賞賛しているが、変わり者のわたしゃ、工藤のカッコ悪いけどカッコイイ美学を見たいのよ。
…どこか老犬のような生き方に共感しちゃうんだよね。
posted by GIG at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

もはや趣味は自転車か?

自転車の前輪がパンクしたので、早朝から専門店で修理した。
その間、手際良い作業を見ながら、こんな思いをはせていた。

近年、自然環境や健康志向の高まりで、自転車の利点もクロ−ズアップされている。
私は長年、緊急性のある職務も担っていたので、車に乗る必要性があった。
だが、マナ−の悪いドライバ−に、イラ立ちを覚えることも少なくなかった。
イラ立った理由は省略するが、東京近郊に比べて、新潟の交通マナ−は悪いと言うと、意外だと思われるだろうか。
悪いというか、気づかないというか、案外と新潟県民の性質が、運転そのものに現れている部分がある。
誤解は避けたいので、そこは伏せておくけど、都心部で車を運転していた人なら、私と視点が一致しているかもしれないね。

今は、そんなに車に乗る必要性もなく、その時々で用途を使い分けて、少しでも環境に役立てればいいかなと思っている。
寧ろ、ゆっくり漕いだ自転車から見る街並を、四季折々感じる風合いは楽しい。
あと20年もしたら、きっと趣味はウォ−キングになっているかもしれないな。
人間は年齢と共にシンプルな方向へ行くのかもね…。

そうこう思っていたら、パンクの修理が終わっていた…¥1200。
posted by GIG at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

裁判員裁判について

連日、裁判員裁判の判決が報道されている。
私は法廷で傍聴したことはないし、制度を深く考えたこともない。
「もし裁判員に選ばれたら…」との世論調査は知るところだが、その制度について、「被告人側はどう思うのか…」知りたいのは私だけであろうか。

もし私が被告人だったら、一般から選ばれた裁判員の人物像が気になる。
選ばれた人物が、意図的に子供の給食費も払わないバカ親だったり、口の利き方も知らないチャラ僧であったり、人の話も満足に聞けないバカ上司みたいな奴らに人生説法された上、判決なんて受けたくないと思うだろうな。
それなら、まだ職業としての裁判官に淡々と事務的な判決を言い渡されたほうが、返ってスッキリするかもしれない。

判決の原則は、全員一致の結論とは聞くが、本当のところは揉めたり葛藤してるのだろう。
最後の説諭では、借り物言葉ではなく、自分の言葉で語る誠実な裁判員だったら、少しは救われた気持になるかもしれない。

本日の朝刊、社会面の有罪判決記事を読んで、なおさらそんな気持にさせられた。
posted by GIG at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

9月のお知らせ

9月の定休日
6日(日) 13日(日) 23日(木/祝) 27日(日)
<20日(日)→22日(火)の連休は休まず営業致します・23日(木/祝)代休>
 連休中こそがお仕事の方へ…
  仕事と私生活にメリハリをつけて、さながらピットインのように気力をチャ−ジして下さい。
  バ−は自身のメンタル面を整理する場所だと思います。

お知らせ
 サントリ−白州東蒸溜所 原酒bP65284 残り僅かで完売

残暑お見舞い申し上げます。
夏バテ気味の体にムチ打つような熱い選挙戦も終わり、コオロギの音色と共に、街は落ち着きを取り戻してきた様子です。
先週は何処の酒場でも、日本文理の話題で会話が弾んだと思われますが、今週は何となく周囲の空気を読みながら、政権交代による見透しが囁かれているようです。
それが中旬ともなると、鳩山首相誕生・新潟国体開催・新型インフル問題などで、何だか賑やかになりそうですね…。
posted by GIG at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする