2009年06月02日

北朝鮮の食料問題について

報道によると、北朝鮮の食糧不足が過去10年間で、最悪な状態に陥っているらしい。

そんな空腹にあえぐ国民をよそに、金満生活に明け暮れているロイヤルファミリ−と特権階級。
国民には、情報を遮断して思想を洗脳する。
世界には、武力を背景にして恫喝外交を繰り返す。

何でも、ミサイルの発射費用は日本円にして300億円であり、この費用を食糧問題にまかなえば、一年間は救済できるというではないか。
国民を救って後世に名を刻むよりも、どうやら裸の王様になることを望んでいるらしい。

独裁者ほど、浮世離れした考えの持ち主が多い。
餓死者を放置し、ミサイル開発や核の開発実験、拉致問題などの確信犯である。
どうやら、危険なおもちゃを手にさせてしまい、使用方法まで覚えられたようだ。

数々の北朝鮮問題を知る限り、こんなことが頭を過ぎる。
posted by GIG at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする