2008年12月29日

パルティア

栄枯盛衰 …思い入れのある方も多いと思う。

ビルの閉鎖に伴い、ジャズライブの老舗「パルティア」が今月末で閉店する。
33年の歴史に幕を閉じ、新潟の文化が一つ消えるようで惜しまれる。
思い出にはしたくはないのだが…

個人的には、現在の古町7番町よりも、2番町・8番町の時の方が思いは深い。
15歳の時、2番町で中村達也(Dr)の生演奏を間近で聴き、“即興の瞬発力”に惹かれた。
初めてお会いしたママの第一声が、「お兄ちゃん楽しい?」と話しかけられたことを、最近の出来事のように思える。

特に8番町へ移転後、80年代の古町は活気に満ち溢れていた。
若者はカフェバ−などの色恋空間を愉しみ、大人の空間ではジャズの第二次ブ−ムも起きていた。
国内外の有名ジャズメンはもちろんのこと、地元精鋭陣の演奏にも、熱い息吹を感じたものである。
店内はジャズに加え、グラスやジッポの反響音・キッチンの作業音・電話の呼出音・レジの開閉音…
そして冗談と笑い声がいつも飛び交っていた。

ジャズを通して、大人の世界を見入ったものだ。

パルティアが熱くないと、新潟のジャズは盛り上がらない …そんな不文律だった気がする。
posted by GIG at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする