2008年12月15日

ザ・プロレスト−ク VOL.1

たまに、お客様とプロレス談義になってしまう時があります。
「詳しいね」なんて言われたら、仕事を忘れて会話が白熱するので、封印していますが。
それこそ、「卍固め」「バッファロ−・アレン」「地獄突き」なんて、聞くに堪えませんよね。

主に新日本プロレス、女子プロレスを経て、UWF、リングスの未来志向型の演出に魅せられた。
後に、カミングアウトされたが、その時代で楽しめたから、過去を裏切られた気にはならない。
あのプロレス会場の熱気と歓声、野次と失笑…80年代からは特に楽しかった。

団体スポ−ツのように一丸主義でなく、個人が楽観主義で勝ち負けにも寛容だった。
それにプロレス観戦後は、仲間と新宿の焼肉屋で120分バトルト−クしたものである。

そんな時代を経て“99年前田日明・引退試合”が最後となり、自分の中で何かがはじけ、あれほど好きだったプロレスを見なくなった。
前田日明の引退で、自然と終止符を打った感じかな。
その後、悪癖のカムバックもなく、表舞台から消えたことで、伝説と化したレスラ−である。
いつか、有識者だけで前田日明の功績を語ってみたいですね。

チャパリ−タM氏…「前田対A.ジャイアント」のガチンコビデオはいかがでしたか。
画像も音声も悪く申し訳ありませんでしたが、リアルだったでしょ。
posted by GIG at 14:40| Comment(1) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする