2008年11月27日

ブライダル新聞@記者

古い仲間を大切にする、高校時代の友人K.Mが婚約した。
新婦とはまだ面識ないが、きっと彼の優しさに惹かれたのだろう。
おめでとう。

さて話題は変りますが、人生の節目にふたりの過去を記録した『引出物』があったら、素敵だと思いませんか?。
そんな思いを叶えてくれるのが、今密かなクチコミで拡がりつつある『ブライダル新聞@記者』です。
ふたりの出会いや恋愛エピソ−ドを正真正銘の元新聞記者が丁寧な取材を通し、結婚披露宴の号外新聞として発行プロデュ−スする、新潟初のユニ−クなサ−ビスです。
紙面はコラム・小説・事件記事風にタイプを選べ、親族や友人の祝辞やインタビュ−、会社広告から2次会の案内など演出記事も効果的。
料金手頃で手間いらず…まずは下記のURLをクリックしてから、お気軽にパンフレット資料を請求をして下さい。
URL/http://www.bridal-produce.net
TEL/090-4483-4186(木下)まで。
当店『GIG』でも窓口化してますので、お気軽にお尋ね下さい。

幸せなカップルにお薦めするセンス溢れる特注コンテンツ!
それが『ブライダル新聞』です。
posted by GIG at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする