2008年11月08日

大人の隠れ家

一次会後、人をどこに誘い、人からどこへ誘われますか?。
もし会社の上司や同僚、知人からバ−の誘いを受けたら、もう少し打ち解けたい心理が働いています。

二次会は、カラオケや女性が付くお店が多いと思いますが、波風立てないようにするには最適です。
カラオケなら、歌って拍手してれば、和の気分になります。
女性が付いていれば、隣の美人と事が足りているので、その日の気遣いは軽くなります。
どちらも一見、コミュニケ−ションしているようですが、実は距離を置いたり置かれたり、合わせておく手段だったりします。

バ−では、和らげるコミュニケ−ションが大切です。
並んで語れるので、少し言いにくいことも言いやすくなったり、対人力もつきます。
お互いを解り合うには、適した環境だと思います。

そんな目の前のバ−テンダ−は黒子であり、ビジネスやプライベ−トの守秘義務は鉄則しています。
顧客の守秘をガ−ドできなければ、対面商売として失格なのです。
その意味で、私の存在を気にする必要はありません。
また黒子の存在で、行き過ぎた言動もセ−ブされるので安心です。

バ−は大切な人間関係を温めたい場所であり、滅多やたらな人に教えたくない面があります。
自身が落ち着ける場所ほど、知られたくない心理に近いかもしれません。
その意味で、誘ってくれた人の面子を潰すような振る舞いは、絶対に避けていただきたいのです。

そうやって、時間をかけて自身を癒せる、「大人の隠れ家」になっていくのです。
posted by GIG at 04:55| Comment(5) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする