2008年09月09日

大相撲は神事なのか

親方衆は張り子の虎か?

「弟子を信じたい」…親方の心中は理解できるが情緒的すぎる。
大麻疑惑の陽性反応は化学的権威ある国際機構の結論であり、これを否定したら何を以って境界線とするのか。

近年の不祥事を木に例えるなら、なぜ森を見なかったのか。
事後を沈黙や言い訳で塗り固めても、泥舟は所詮泥舟である。 
水面下は放置し、露呈した部分だけ体裁を繕ったツケが回ってきたようだ。
また、理事長でありながら説明能力が乏しすぎた。
大相撲では功績を残した大横綱ではあったが、リ−ダ−としての手腕やセンスは別である。
小学生の頃、純粋に強い横綱力士に羨望の眼差しを向けていたが、その時の思いが裏切られたようでならない。

「女性を土俵に上げてはいけない」
その前にプライドなき者は土俵から下りた方がいい。
今は女性の方が神経が太く大胆で力強い。

ファンとして愛ある苦言を呈す。
posted by GIG at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする