2008年08月28日

凄腕日本人ドラマ−

今年の新潟はジャズドラマ−の当たり年である。
近々に凄腕の日本人ドラマ−2人が来日する。
情報と経歴はパルティア様のHPでご覧になり、その2人とは、「奥平真吾」、「本田珠也」である。
遡ること、80〜90年代の東京〜新潟のライブシ−ンでは、常に彼らのスケジュ−ルに注目していた。

奥平真吾は法政大学時代、益田幹夫氏、寺島文雄氏の時から、リズムの柔軟さと切れ味に驚かされ、「もう日本人ドラマ−の枠を超えているな〜」といたく感心した。
当時、ライブの打上で一緒に飲んだけど、普通に同世代だった。
特に、90年六本木での寺島クインテット解散ライプは印象に残っており、解散理由は真吾がニュ−ヨ−クに活動の拠点を移すためだったとか。
辛島クインテットにとって、不変なドラマ−だったようだ。

本田珠也はアグレッシブで、物怖じ知らない、ダイナミックなプレイが魅力で、ライブで叩き上げられた独学的なタイプ。
当時、新宿カ−ニバルや新宿ピットイン、吉祥寺サムタイムへ聴きに行ったものだ。
特に、北海道バンドあたりから成長が著しく、その野性味は今以って失うことがない。
この2人は必見必聴だ。

至近距離でライブを堪能すれば、違った角度で楽しみ方が拡がる。
私も店を休んで聴きに行きたいのだが…ToT
今年、一押しのライブに間違いないし、ドラマ−であれば、いい意味でやる気なくすかもね(笑)

個人的に、日本人トップドラマ−であり、同世代のヒ−ロ−である。
posted by GIG at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする