2017年10月22日

Yes Or No

赤提灯で 「政治にかぶれたおやじ」 のようなことは言わぬ。

民主主義は、多数決でものごとが決まる。
法律の中であれば、どんな手段を高じようが、勝てば権力を手にできる。

それが、基本原則であり、公平にも思えるが、本質を理解していないと、アイドルの総選挙と変わらぬ、多数派工作が征し、そうなると政策の良し悪しでなく、人気で可決してしまうときもあるだろう。

この数年 「安倍」 と聞くだけで 「許さない」 とする、風潮が大きい。
反対派は、どこまでも反対派であり、反対のための反対をしている、不変さにも感じる。

数日前に書いた 「パブロフの犬」 と同じことで、その名を聞いただけで 「ノー」 なんだから、それこそ冷静さを欠いた、囲われた心理かも知れない。

ボクは、与党を支援しているつもりはないし、特定政党もない。
毎回、与党と野党の主張を聞いたうえ 「今回の票」 を投じる。

実は 「心変わりも大事」 で、ひとつの考えにそまりすぎると、全体が見えなくなるばかりか、事あるごと 「 Yes Or No 」 だけに、分けられるものじゃない。

各党、いい主張はあるし、これは与党、あれは野党、その実行能力はあるか、そのための政策整備はできているのか、言わんとしている、先も想像しないといけない。

政治を議論する習性はないが、双方向の視点をもつことが、民主主義の原点だと思っている。

それに、筋道を立てて話せる知識もないが、人間の本音でいえば、政策の良し悪しだけでなく、いかに自分の利益につながるかで、投票するんだと思う。

ボクは単細胞だから、確たる思い入れがなければ、お店に来てくれたとか、顔見知りだから、親切にしてくれたなど、公平と矛盾は入り交じるが、そんな程度の庶民感覚なんだよな (笑)

つまり、候補者も有権者も、自分への利益を度外視しない限り、本当の選挙はできない。

今日はあいにく、大荒れの台風だが、これから夫婦で投票所へ出かける。
おたがい、だれに投票して、どこの政党に投じるかもわからない。
夫婦であれ、答えは自分にしかないから、それぞれの意思には干渉しない。

それでも、開票が終わったあと、メシでも食べながら、本音を明かし合うかもね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

Sky Lark

11月下旬並みの気温だった、19日。

就眠中、肌寒さに体が反応し、枕元に用意しておいたタオルケットで全身をくるんだ。
もう、外出着に迷うことはない。

早くも、年賀状印刷の案内状が届いた。
今年の干支も思い浮かばぬうちに、来年は戌年と念を押されたようだ。
わが家は喪中だったが、来年は正式に礼を重んじれる。

平地にも、紅葉が降りてくる。
秋は空気が澄むから、ネオンもきれいに映る。
ゆえに秋の匂いも、次第に街中へ充満してくる。

匂いと言えば、嗅覚と記憶は直結している。
街中で偶然にすれ違った、女性の香水が何の前触れもなく、そのことを思い出させるような。
香水に限らぬが、匂いは記憶を呼び起こす。

時節柄、ウイスキーが美味しい。
原酒は琥珀色から褐色に至るまで、秋の紅葉とグラスの色合いが似合う。
バーで渋く飲むもよし、自宅で気軽に飲むもよし、いい酒は翌日に残らない。

部屋のテーブルには 「グレンドロナック」 のボトルとショットグラス。
割るのは面倒くさいので、いつもストレートで口を湿らす。
三杯も飲めば、いいナイトキャップになる。

ぐずついた天気が続く上、台風が北上するらしい。
トニー・ベネット 「スカイラーク」 を聴きたくなってきた。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

静かな夜

日付の変わった、深夜の19日。

定刻に店を閉め、自分の足音だけが響く静かな夜。

ポツポツと降りだした雨にうたれ、夜空を見上げると厚い雲がおおっていた。
今日は予報通り、雨であろうか。
そうだとしたら、買物へ出かけるころには、雨は上がっていてほしいが。

帰路、ホテルの窓辺の暖色が多く灯っていた。
お客さんの話では、朱鷺メッセで 「桑田佳祐」 のライヴツアー2デイズがあり、ホテルの客室稼働率も高く、一時はタクシーも拾い難かったようだ。

その恩恵にはあずかれなかったが、月中の水曜日にしては、お客さんの回転はよかった。
だが、ホテルの窓辺とは対照的に、近隣マンションの灯火は少なく、平日の夜であることを知った。

日の出が遅いので、高ぶる神経を鎮めるためには、秋の夜長はおちつく。
それだけ、店で知らず知らずに気を張っているボクは、疲れているということなのか。

静かな、今は夜。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

メラビアンの法則

衆院選、真っ只中。

新潟にも、各党の大物議員が続々と応援演説に来ていた。
夕方のニュースで、そんな光景を見ていたら、ある伝達法則を思い出した。

正式名は 「メラビアンの法則」 と呼ばれて、人材マネジメントを重きにする 「管理職セミナー」 では 「コミュニケーション手法」 のカリキュラムとして、広く知られている。

専門的なセンテンスを三行だけ記す。

@ 視覚 55% (見た目 表情 視線 挨拶 態度)
A 聴覚 38% (声の質 抑揚 大きさ 速度 テンポ)
B 言語  7% (話す言葉の内容 語彙力)

心理学的にコミュニケーションで、相手が受け取る実験結果をまとめたもの。

おどろきのデータであるが B は、全体の7%の影響しか、相手にあたえていないこと。
要するに、優秀な語り手は B よりも @ と A で、聞き手をひきつけて、インパクトのある B の短文で、言いたいことを明快に伝えることができる。

自民党の小泉進次郎のスピーチを聞けばわかるが、実は B は、大したことは言っていない。
言語以外の @ と A で、大衆の心を掴んでいるんだ。

「木を見て森を見ず」 に当てはめれば  「 B を見て @ と A を見ず 」 でなく 「 B を伝えるために @ と A を見ている 」 ところが 「進次郎節」 なんだよな。

候補者の中には、基本的にどこかから引っぱりだしてきた原稿を整理して、もっともらしくスピーチをしているだけのことで、その人の個性が見えない。

聞いているボクがバカなのか、何を言いたいのかさっぱりわからない人がいるように 「博覧強記」 の知識を持っていながらにして B で、話を複雑にしてしまう候補者も多い。

各選挙区の対立候補を比べると、勝つためには 「まじめさ」 だけでなく 「うまさ」 なんだよな。
接戦が予想される、新潟一区と四区では @ と A が、うまいほうが、優位であろう。

庶民の視座で、選挙戦を見るのも楽しいでしょ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

無題雑記 100

16日 まだ大丈夫かと、軽装で自転車に飛び乗ったが、いやはや風が冷たかった。

もともと薄衣だが、こうも気温差があると、ミドルエイジには堪える。

先週末は東京にいたので、その間の録画番組がたまっており、早送りをしたり、途中で見切りをつけて消去したり、少しでもハードディスクを軽くする日が続いていた。

年齢的に、ニュースやドキュメンタリー番組が多くなるが、映画だと2時間近く早送りなしで見なければ、作品の価値ぞやがわからなくなるので、集中力が落ちているところで、時間を要するのがつらい。

今なら、選挙番組を意識しているが、今回の衆院選は、選挙のための選挙をしているようである。
有権者の4割は無党派層で、右にも左にも加担せず、真ん中の思考で決めつけない判断も必要だ。

閉店後、裸眼でレジの集計レシートを見ると、6と8の数字が潰れて見えるため、注意している。
正直、いつも老眼鏡をかけるには、まだ抵抗感があるのだが、そろそろ受け入れねばならない。

先週、年配のお客さんから聞いたが、男は、歯 → 目 → マラ (ハメマラ) の順に衰えるという。
マラはアソコで、髪と胃も含めれば、中心部から弱ってくるようであり、カッコもつけられなくなる。

50代は、まさしく老いへの抵抗期であるともいえよう。

それは、日々の雑記の中に、ドキュメンタリーがあるものだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

無題雑記 99

水墨画のような灰色の広がりを、レースのカーテン越しに感じた寝覚め。

出がけのシャワーも、青いノズルをひねることなく、浴びる時間も長くなる。

夕方の街を歩くと、木の葉のすれ合う音がした。

肌寒さの中、選挙カーの響きが遠くに近くで交わり、風の音が耳元を過ぎる。

書店で本を一冊買い、街中でホットコーヒーを二杯飲んだ。

もうすっかり、秋が地上に舞い降りていた休日。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

無党派層

14日 午前 固定電話を介し、衆院選挙 「新潟一区」 の自動アンケート調査があった。

長年 「無党派層」 である。
夫婦間でも、おたがいの考え方には、一切立ち入らない。
だれに投票して、比例代表区はどの党に投じるか、投票所の鉛筆を手にするまで、わからない。

政策論争に加えて、立候補者から伝わってくる、人柄や魅力に担うところもある。
だけど、選挙になると口角を上げて街角に現れ、票を大きく獲得できる場所にしか現れない候補者は 「灯台下暗し」 で、遠くの問題は照らせるが、近くの問題に気がついているか、甚だ疑問だ。

まあ、握手の数だけ、票が集まるのも事実。
それに、当選と落選では、天と地ほどの差があるから、演じることも票集めとなる。
だが 「この人、選挙のない期間は何をしてたの」 実力はそこだったリするからね。

硬いことは、このあたりまでにして、投票の理由はシンプルなものである。
自分にニコっとしてくれた、声をかけてくれた、親切にしてくれたなど、それが情の一票であってさ。
人が人を選ぶのはそんなもんで、候補者の好感度で票を投じるのも、有権者の情であってね。

職業 一般的に 「個人事業主」 または 飲食業、バー経営 バーテンダー マスター どれでもいい。
政治や宗教、特定できる団体など、議論になりそうな話題は避けるし、会話をするとしたら相手を選ぶ。
それだけ、いろんなお客さんが集う空間だから、関係者が交じっていることも考えられる。

だから、政治には肩入れせず、無党派層として、ボクの本心は 「シークレット」 なの (笑)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

パブロフの犬

衆院選の期日前投票もはじまり、22日の投開票が楽しみである。

投票エリアは、新潟一区。
選挙には、必ず行く。
有権者の意地と本音だ。

11日の朝刊では、県内の小選挙区の候補者が、政策質問に答えていた。
12日の朝刊では、候補者の素顔 (私生活) が紹介されていた。

クルマに例えれば、政策は進行方向で、候補者はドライバー。
政策に共感すれど 「この人では、心許ないかなあ」 と、一票が乖離 (かいり) するときがある。
ひいき筋のタクシーに乗車したが、乗務員とウマが合わない、そんな 「人となり」 の肌感覚だよ。

いつの時代でも、庶民感覚、弱者の味方なる言葉で、同情票を集めようとする向きがある。
声を高げる候補者の中には、家柄も良くて、決して低い所得水準ではない、高所得者もいる。
会席プランにも、松竹梅があるけど、松の人が梅を先導しているような、違和感が鼻に突くんだ。

だから、偽善的な態度で同情票をあおるような候補者からは、マイナス思考に導かれそうでね。
それに 「パブロフの犬」 のように、世間の論調だけで、条件反射的に肯定と否定をする人もいるが、犬のよだれと同じで 「この風潮はまずいな」 と感じるときもある。

アイドルの総選挙じゃあるまいし、日本の将来を担う総選挙とは、熱狂というより、冷静さなんだよな。

大した政治感覚や知識もないけど 「だれに投票しようか」 (笑) と、一票の優越感に微笑んでいる。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

ノーサイド

8日 夜の池袋で 「竹馬の友」 (新潟出身の幼なじみ) と約3年ぶりに再会。

9日 昼の新宿で 「戦友」 (元会社の同僚) 二人と再会。
一人は2年ぶり、もう一人は約14年ぶりの共に同い年で、東京で6〜7年は仕事をした仲間である。
今年も東京へ行くことで、2年ぶりに会う彼が、もう一人に声をかけてくれた。

思わず口をついて出たのが 「たまには、こうして、集まらなきゃダメだね」 と。
そのとき、真剣な関係であれば、時が過ぎても、自然に握手で再会できるものだ。
逆に、仕事に安っぽい私情を持ちこまなかったことで、離れてもその親しさは変わらない。

新潟と東京に違いがあるとすれば、ここかも。

新潟人は同じ職場では、建前上は本音を言わずに仲良くするが、どちらかが会社を辞めたりすると、 それまでのつきあいがウソだったかのように、その後はつきあいをうとんじるようになる。

東京人は同じ職場だと、ライバル心を燃やして、タスクフォースで競い合うが、どちらかが会社を辞めたあとでも、おたがいをたたえあい、その後は気持ちよくつきあえる 「ノーサイド精神」 がある。

孤独を感じず、地元で生まれ育つ環境と、孤独を感じて、都会で裸一貫の環境では、異なりはある。

新潟人は 「水くさいなあ」 と、心在らずの心情を口にしやすい。
東京人は 「敵ながら、あっぱれ」 と、相手を認める心情を表現する。

この違い、後の人間関係に影響をあたえ、男の世界 「ライバルが親友」 になるケースもあるんだ。

そうは言っても、人間関係なんて 「たまには、メシでもどうだ」 そんなもんでしょ。
本来は損得勘定のない気軽なもので、そんな一言が親しさを増すことにつながっているからね。

その夜、夫婦水入らず、池袋の串焼店で、東京時代の話をてんこ盛り。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

凛とした伯母

8日 新潟発 10時15分 上越新幹線で東京へ。

ホテルに荷物を預け、東武東上線 「朝霞」 で下車。
バスに乗り継ぎ、一人暮らしの伯母が住む市営団地へ。

伯母は85歳になり、少し気弱になっている。

数週間前、軽度の気管支炎をおこして 「このまま、楽になりたかったわ」 と、だれからも看取られずに逝きたかったようなことを、電話口でつぶやいていた。

誇り高く、孤独を受けいれ、葬儀は拒み、最期は献体に出してとの遺言。
人の最期などわからぬが 「凛とした生き方」 を尊敬している。

元気だった、5年前の帰りは 「駅の改札口」 まで、見送りについてきてくれた。
だが、年齢を追うごとに 「バス停」 までになり、いつしか 「団地のエレベーター」 までとなった。

老いは避けようないが、見送る姿を見ながら、自分たち夫婦の晩年も重ねる。
そして 「今生の別れにならねばいいが」 と、後ろ髪を引かれてしまう。

そんな、今年の見送りは 「玄関先」 までだった。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/269167905.html
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする